2018年04月20日

セクハラも厭わない国賊麻生太郎を庇う人も同様国賊者である

福田財務事務次官のセクハラ問題、前回記事の冒頭でちょこっと触れましたが、被害者とされる女性の正体がテレビ朝日の社員であることが所属するテレビ朝日が会見を開いたことで明らかとなりました。




この問題が表になってから頑なに否定していた福田財務事務次官本人は報道した週刊新潮を提訴する構えを見せており、上司にあたる麻生財務大臣までも被害者とされる女性に対しても名乗り出てほしいと対抗心剥き出しでセカンドレイプまがいのことを仕出かす始末、女性記者の素性が明らかになることで今後財務省との接触が難しくなるという状況から名乗り出ることに二の足を踏ませることが狙いだったようですが、残念ながら判明することとなりました。もはや言い逃れのできない福田氏は当然辞任しましたが、麻生財務大臣も監督責任者というよりは女性記者に対するセカンドレイプの当事者としての責任は免れません。



麻生 セカンドレイプ1.PNG麻生 セカンドレイプ2.PNG






確かに女性記者が属しているテレビ朝日の初期対応は非難されて当然ですが、省庁への取材に差し支えることを考慮すると致し方ない点もあるでしょう。しかし何より一番悪いのはセクハラ行為を行った福田事務次官であり、平気で人権蹂躙を展開した財務省と麻生太郎です。ところが政権寄りの著名人のツイッターを見ると福田次官や財務省よりテレビ朝日をクローズアップさせて諸悪の根源に仕立てたくて必死のようです。















こういうデリケートな問題については言葉を選ぶべきなのですが、政権への深刻なダメージとなりかねない事態に安倍シンパ共はこの女性記者に相当お怒りのようでハニートラップやら美人局やら言いたい放題、おまけに女性記者やその女性上司の名前や顔写真をネットで拡散するセカンドレイプを平気で行っています。そんな中でも百田尚樹は品性の欠片がなく、このツイートは誰しも嫌悪感を抱かずにはいられないでしょう。






野党6党は麻生大臣の辞任要求を求めており、辞任するまで審議拒否も厭わない姿勢を見せていますが、これは当然ですね。財務省の公文書改ざんの責任と併せて責任を取らなければいつ責任を取るのだと言うことです。これまでの国民をバカにした発言も照らし合わせれば責任を取り辞任するしか道はありません。




麻生太郎についてはこれまでも舌禍とも言える物議を醸す発言により度々メディアで取り上げられていますが、これなんか女性の人権を蹂躙する際たるトンデモ発言です。こんな発言をしていながらよくここまで国会議員を続けられたものです。









こういう認識の麻生太郎政権が10年前に支持率急落し下野し民主党への政権交代に繋がったのは至極当然と言えるでしょう。反省もせずセカンドレイプとも言える被害者を貶める行為については糾弾されるべきですが、本人はもとより自民党は大臣辞職に応じない構えをみせています。反省の色もなくこんな軽口まで叩いて麻生シンパから称賛されているようですが、これはこれで後々政権へのダメージとなることに繋がるのに学習能力もないボケじじいですな。










麻生なんぞ庇ったところでどういうメリットがあるのかさっぱり分かりません。セクハラ寛容で国際的信用を失墜させただけではなく、先日もOECD事務総長が消費税19%への引き上げを提言したところ麻生は二つ返事で「予定通り引き上げられるように努力したい」と応じたことからも分かるように国益を貶める消費税大増税派なのです。ネットサポーターズは財務省だけを批判していますが、それなら麻生太郎も批判しなきゃいかんでしょう。それを無視している時点でネットサポーターズは麻生同様、国を貶めようとする国賊者なのです。




posted by yuuponshow at 18:02| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート