2018年04月10日

反安倍勢力の追撃スクープに必死で対抗するネットサポーターズの空虚な論点ずらし

本日、朝日新聞が一面で取り上げた加計学園のスクープ記事。モリカケに関してはここ一月に渡ってネタに尽きない状況ですが、今回もまた凄いのをぶっこんできました。

朝日4.10スクープ.PNG


この記事によると、2015年4月、愛媛県や今治市の職員、学園幹部が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した際に愛媛県が作成したとされる記録文書が存在し、柳瀬氏が面会で「本件は、首相案件」と述べたと記されています。


これが事実であれば昨年7月25日の参院予算委員会で、この面会について「私の記憶する限りはお会いしていない」と複数回、答弁していたのは虚偽だったことになる訳です。


柳瀬首相秘書官 会っていない.PNG
柳瀬首相秘書官 首相案件.PNG



柳瀬首相秘書官については国会の場において再び真偽のほどを明らかにしていただくのが当然なのですが、真偽を明らかにするのは柳瀬氏だけではありません。安倍総理も国会の場でこんなことを言っていました。


安倍 1月20日 初めて知った.PNG




首相秘書官が自治体や学園関係者と2015年の時点で会っていたのであれば当然総理も知っているはずなので昨年1月に特区申請を初めて知ったというのは整合性が取れなくなる訳です。柳瀬元秘書官だけでも問題ですが、安倍総理も絡んでくるとなるとさすがに官邸も否定せざるを得ない状況で、本日の朝日記事について菅官房長官は承知をしていない発言はあり得ないとコメントしています。






二の矢、三の矢と飛び出す朝日スクープですが、他のメディアも追随する形を見せており話題が尽きない状況です。省庁による文書改ざんや隠蔽などあらゆる省庁で発覚しボディーブローのように政権へのダメージが蓄積されているようですが、首相秘書官や総理大臣まで嘘をついていたとなるともはや言い逃れはできません。



この話題の核心は首相案件よりも首相が嘘をついているか否かということです。安倍支持者もこのように強がって論点ずらしに必死ですが、彼らの必死の抵抗が哀れに見えてなりません。








国家戦略特区だから首相案件だとか言ってるひがくぼきみおですが、文章をよく読むとこの時点では国家戦略特区と確定していないのにそう言いきっちゃってるのはヌケてるのかワザとなのかどちらなんでしょうか(笑)






そして安倍擁護派にとって光明となるかも知れない反撃の材料が、江田憲司のリーク元を晒したというこのツイートです。





これ前回の記事でも取り上げましたが、自民ネットサポーターが躍起になって江田のアカウントにぶら下がったりして騒ぎ立ててます。しかしこれ江田が情報を精査しないままツイートしたと言って謝罪すれば終わる話です。確かにリークが事実であれば機密違反となり罰せられることになりますし、迂闊なツイートですが、この手のリークって昔も今もありましたから悪質な犯罪行為とは思いません。



それより知らないうちに情報隠蔽により物事が隠されてしまうことの方が問題だと思うのですけどね。国益を損ねる改ざん隠蔽が明らかになった以上、安倍政権の元では事態の収拾は厳しく退陣は避けられない状況であることに変わりはありません。


posted by yuuponshow at 17:16| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート