2017年06月17日

禁じ手を使い共謀罪を成立させた自民党は今後の党運営に暗い影を落とすことに

今週、夜通しで行われたテロ等準備法罪の審議が紆余曲折を経てようやく可決となり、法案成立の運びとなりました。テロ準備法案というか新聞紙面でも共謀罪と書いていますので共謀罪に統一しますが、私はこの法案に関しては賛成の立場なのでこれはこれで良かったと思っていますが、その法案成立までの過程には非常に憤っています。






与党の言い分からすれば審議時間は十分置いておきながら野党は森友や加計の脱獄疑惑の追及ばかり、それに加えて首相や閣僚に対する問責決議の乱発もあり、まともに審議ができない状況だったことは理解できます。それに来月の東京都議選に備えて選挙対策も行わなければならないので会期の延長はしたくなかったでしょうから法案成立に急いだのはある程度理解しています。



しかし法案は本来法務委員会審議を経て行うべきが、中間報告という禁じ手を使い委員会審議をすっ飛ばしたのはやり過ぎであり、今後に禍根を残すことになるでしょう。委員会を省略する中間報告は過去数例ありますが、今回の行使は政権による自己都合であり決して肯定できる理屈にはなりません。

中間報告.png


共謀罪の是非は国民世論を二分しており、野党の妨害があっても辛抱強く審議を経るべきでした。正規の過程を経ていればまだ納得できたでしょうし、数の論理でいけばいずれは法案を通すことは可能なはずです。しかしこんなことをしては国民の法案や与党への不信感が募るばかり、恐らく今後の支持率にも影響してくるでしょう。



そんな状況を知ってか知らずか自民党議員のおごりとも言うべきかこのようなツイートがありました。





太鼓の音とは国会の前で行われている共謀罪反対を訴えている左翼連中のことを差しているのでしょうが、保守の中にも共謀罪に関しては否定の声もあり、反対の声がすべて太鼓の連中とレッテルを貼った長尾たかしにこのような怒りのツイートをしています。








更には国会において共謀罪を揶揄するような神経を逆なでする信じられないヤジを飛ばした議員もいたようです。






自民党からなのか分かりませんが、こういう無神経なヤジを飛ばせるほど国会議員としての資質が劣化しているのでしょうか?そう考えると非常に恐ろしいです。



中間報告という禁じ手を使いようやく成立してホッとしているのでしょうが、この禁じ手行使は国民世論の反発を買い、確実に自民党政権に暗い影を落としていくことになるでしょう。


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 15:55| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート