2017年06月14日

コンパクト五輪はどこへ!?巨大利権に蝕まれる東京五輪

56年振りに日本で開催されることになった東京オリンピック。ところが財政的に大きな歪が生じています。





立候補時点では7300億円と見込まれていた大会予算ですが、それだけでは収まらず2.5倍の1.8兆円にまで膨らみそうです。しかもこれは3兆円まで膨らんでいた予算をIOCの要請で削減したもので、このまま放置していたら経費は4倍にまで膨らみかけていたことになります。恐らく1.8兆まで抑えられずに更なる経費が上乗せされることが予想されます。


そもそも東京五輪を招致する際に石原都知事はコンパクト五輪と称して既存の施設を再利用するといってきました。ところが五輪誘致が決まると新国立競技場だの競技施設建設だのと話が持ち上がり開催費用はどんどん膨らんでいきコンパクトどころではなくなったのです。


日本でオリンピックが開催されることは喜ばしいことですし、やるからには国を挙げて応援といきたいところですが、当初のコンパクトという概念から大きく逸脱した五輪となるのは非常に残念です。しかもそれ以上に深刻なのがこれだけ掛けてきた予算は五輪という短期間での開催のための予算であり、施設を取り壊すなどで後に繋げることができません。以前の東京五輪は上手い具合に競技施設を活用できましたが、当時は高度経済成長の真っただ中だったこともあり、成熟した日本で施設の再活用や維持は到底思えません。



国を挙げてと国威掲揚を促して五輪利権を掌握する組織委員会の方針は金に糸目をつけないようで会長の森喜朗はこのようなことを言っていましたよね。こんな金銭感覚が麻痺している連中が牛耳っている五輪組織委員会ですから青天井になるのは目に見えていました。


森喜朗 たった2500億円.png





これまでの開催地では五輪後の財政破たんにより施設を維持できず無残な残骸と化した施設を抱えている都市が数多くあります。






           
アテネ野球競技メインスタジアム


アテネ 野球場.jpg



こうした弊害をもたらす商業五輪を見直し金のかかる五輪は根絶しなければなりません。東京五輪を推奨した石原慎太郎元知事や自民党都連を始めとした金食い虫共に蝕まれることになりかねない利権構造は決して景気の良くない日本に大きな痛手を被ることに繋がります。





猪瀬元都知事のこの言葉に騙され、金のかからない五輪と我々国民を騙してきた結果、史上最もお金の掛かる五輪となるかも知れません。五輪の建設が遅れるとか抜かして小池都知事の尻を叩く自民党やそのシンパですが、本来の本質を辿って行けば責められるべきは自民党そのものなのです!!!


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:25| Comment(0) | 東京オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート