2017年05月27日

加計学園文章リーク者の前川前事務次官の証人喚問はあるのか!?

安倍総理のお友達が運営しているとわざわざ前置きして安倍総理疑獄スキャンダルとしてメディアがひっきりなしに取り上げている加計学園騒動。しかし収賄疑惑ではない忖度だけでこれだけ騒動を巻き起こせるとは驚きです。これも安倍総理の「関わっていたら辞める」という言説を頼りに野党やマスコミが追いかけているという流れなのですが、政権公約破りの常習犯である安倍が関わっていたとしてすんなり辞めるタマでないというのは野党やマスコミは分からないのでしょうかね。しかし学園側からすれば相当な風評被害となり相当なイメージダウンに繋がりますからこの過熱報道モラルも糞もあったもんじゃないですね。


加計騒動で新たな登場人物として名乗り上げたのが前文部科学事務次官の前川喜平氏。スクープとして取り上げられた謎の公文章とやらをリークした人物です。記者会見まで開いて文章の内容は間違いなく、政権からの意向があったと発言していますが、何せ登場人物が森友の籠池氏と同様、癖のある人物であり、お茶の間を賑わすエンターティナーとしての要素満載ですね。


前川喜平.PNG


しかもこの前川前事務次官過去には官僚の天下り問題を引き起こした中心人物であり、就職先あっせんの口利きしていたことが発覚して退任しています。それに読売新聞からは過去の出会い系バーへの出入りをすっぱ抜かれる始末。それでも野党と反安倍メディアからすれば安倍追い落としのためのキーマンだけに信頼したいところでしょうが、かつては反安倍側にあるメディアが役人の天下り問題で前川を非難していましたが、果たして彼の言葉を信頼して政権を追及できるのでしょうか?


前川次官8000万円.jpg





この前川氏と森友の籠池氏の共通点はエンターティナーとしての資質(笑)があるのは言うまでもありませんが、共に安倍政権から梯子を外されたことで失墜の目に遭いながら野党連合が救いの手を差し伸べていることです。それに証人喚問にも応じると強気であること。野党連合というバックボーンが背景にあるからなのでしょうが、相当な曲者であり政権側としては籠池同様に面倒くさい相手でしょうね。


そんな反逆者・前川氏に対し官邸や与党、政権寄りのマスコミが出会い系バーへの通い詰めなど個人攻撃をして品位を貶めています。





安倍をお支えする自民党工作員も怒り心頭で総力を挙げて前川潰しを敢行しています。











しかしのらりくらりとかわしてきた政府もここまでぶち上げられたら個人攻撃だけではなく籠池氏と同じく証人喚問せざるを得ないのではないでしょうか。ハッキリ言って籠池の証人喚問は政府側としては失敗でした。それまでの言いたい放題の籠池氏が偽証罪に問われる証人喚問では萎縮して発言が慎重になるかと思いきやそれまでと変わらない主張でしたから立つ瀬がないでしょう。この前川氏も証人喚問に応じる姿勢を見せており籠池と同じ強気一辺倒で押すことが予想されます。


安倍寄りのこの方もこのような発言をされており、証人喚問はもとかく参考人招致は避けられないのかも知れません。







こんなしょうもない案件で証人喚問や参考人招致をやるべきなのかは疑問ですが、政府も籠池を制裁目的で引っ張り出した以上右に倣えでやらざるを得なくなりそうです。そうなれば結果はどうあれ野党や反自民にかき回され政局は混迷を極めることになるのではないでしょうか。こうなると初動を見誤った安倍政権にも原因があると言わざるを得ません。
(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:00| Comment(2) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本国憲法
第十五条
公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。
公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

第九十九条
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


ということで、国会議員、大臣、公務員のお仕事には公平性、公正が憲法でしっかりと求められております。
一般の人達が、例えば憲法何条で明記されているとか知らなくても、あるいは意識しなくても、普通の倫理観があれば、カゴイケやカケイの件に不信感や批判が発生するのは当然と思っていますし、贈収賄がないから違法じゃないという考え方よりは
遥かに健全だと思いますよ。
Posted by 似非保守 at 2017年05月28日 15:54
似非保守さん

コメントありがとうございます。この問題の捉え方はそれぞれでしょうから似非保守さんの主張については異論は申しません。私としてはこれを追及することによる展望がまるっきりみえてこないとだけ申しておきます。
Posted by yuuponshow at 2017年05月29日 16:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート