2017年03月28日

ヘイトスピーチ法案成立の立役者、西田昌司の保守層へのご機嫌伺い

当ブログ「自民党工作員の異常なネット活動」の一日平均アクセス数は200から300位で推移しています。ところが突如アクセス数が伸び始めて先週には普段の10倍以上となる一日3000件以上のアカウント数を記録しました。


このブログをたくさんの方に御覧いただくことは大変嬉しいのですが、突然アクセス数が10倍も増えたのには驚きました(^_^;)それもアクセスが集中しているのが「愛国から反日へ華麗に転身、西田昌司の非道と言える変節振り」(URL)という一年も前の記事なのです。


googleかyahooで「西田昌司」と検索に入れると一番目のページにこのブログが出てきます。西田議員のウィキペディアやオフィシャルブログに続いてこのブログが表示されるようになっているのでアクセスが急激に伸びたのでしょう。「西田昌司」というファーストキーワードだけでトップページに掲載されるとは正直驚きましたが、この記事を興味深く読んでくださる方が増えているということは大変嬉しいですね。


という事は私の記事を西田昌司本人やその関係者もこのブログを閲覧した可能性もあります。このブログの影響かは分かりませんが、西田議員の最近の発言などを見るとその影響が表れているようにも感じます。


そもそもこの記事を書くきっかけとなったのがヘイトスピーチ法案成立によるものです。法務委員会の筆頭理事である西田昌司がよりにもよって有田芳生と結託し、日本人を貶めるヘイトスピーチ法案を成立させたのですから西田を散々持ち上げていた保守層からすれば裏切られた気持ちです。ヘイトスピーチ法案が成立後には川崎のデモが中止に追い込まれるなどその弊害が如実に露わになったものの、その批判の声に対して聴く耳も持たずデモが潰れたことを良かったとした上で、批判者を高尚ぶってお説教しているのですから怒りを禁じえません。




それにより西田が出演している動画のコメント欄には批判の山で埋め尽くされ、保守層からは総スカン状態。次回選挙での落選運動をちらつかす声まで上がる始末、もはや西田昌司に対する信用はなく、反日国賊のレッテルを貼られるまでに落ちぶれました。



その批判の声を逸らしたいという思惑なのか、かつてヘイトスピーチ団体であると批判をしていた在特会の八木会長との対談が実現しました。

西田 八木 対談.jpg



在特会の八木会長との対談では相変わらず高尚ぶった態度で反論を説き伏せていましたが、両手でガッチリ握手をして再度の対談も約束するなど良好な関係を印象付けようとしているようです。




そして東京MXテレビのニュース女子という番組がヘイトスピーチにあたると批判しているのりこえねっとやそのシンパに対して「政治的主張はヘイトに当たらない」と批判者の主張を一刀両断しています。

西田 のりこえねっと.jpg


在特会と歩み寄りの姿勢を見せたり、反ヘイトスピーチ団体への批判を展開するなど、西田へ浴びせかけた多勢の批判の声が相当堪えているのではないかと見ています。


しかし西田昌司の罪はこれで消えることにはなりません。何よりヘイトスピーチ法案を成立させた張本人であること。政権政党の法務委員会筆頭理事である西田は法案を成立させるための重要な職責を担っているので責任は重大であり一手に批判を受けて当然なのです。


ヘイトスピーチ法案は言論封殺の温床となる危険な法案であり直ちに廃案にしなければなりませんが、一度提出した法案を同じ政党が廃案にするなどあり得ません。自ら法案として提出したものを引っ込めるということは政治家として政党としても致命傷になります。西田はヘイトスピーチ法案成立以降の批判の声を打ち消そうと躍起になっていますが、これで再び信頼を得られると考えているのであればとんだ勘違い野郎です!!


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 18:45| Comment(4) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が似非保守のサンプルとして監視、もとい閲覧させてもらっているw例の自称保守ブログでは、こんな経緯説明ですw
https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34642959.html 
「この時、民主党は刑事訴訟法(取り調べの可視化)や平和安全法制を取引に使ってきた。つまりこの段階でヘイト法は制定しなければならなくなっていたのである。」

「自民党は言論弾圧のヘイト法など反対であったため、熊谷議員ではもうダメだということで、西田議員に白羽の矢が立った。「この局面では西田先生しかいない」ということだ。」
引用終了

制定しなければならないって、まるで委員会や本会議で否決する事が違法行為のような強引な解釈ですね。一般国民には全く関係の無い部分で、単に党利党略で他の法案とのバーターで制定されただけなのに。
こういうアクロバット解釈を重ねる事で、似非保守の矛盾に満ちた思考が生まれるのでしょうw
自民党が本当に言論の自由守る気が有るなら、採決で反対すれば良かっただけです。
言論の自由と言いつつ、この自称保守ブログは、現在コメントを事前認証制にしています。言っている事とやっている事が全然違いますねw
Posted by at 2017年04月05日 12:51
上記のコメント、名前をいれ忘れました
失礼しました
Posted by 似非保守 at 2017年04月05日 12:54
似非保守さん

情報提供ありがとうございました。上のブログは森友問題で話題になったブログですね。こういう無理筋論的な擁護は自分達もヘイトスピーチ法の正当性にお墨付きを与え、加担しているも同然です。嘘と詭弁で塗り固めた自民党の代弁者と言えるでしょうね。
Posted by yuuponshow at 2017年04月07日 07:55
川崎共産党反対デモが政治活動を認められていない敵性外国人により暴力で蹂躙されました。
この言論弾圧の立法化を行ったのが西田昌司であり、民主主義を破壊した張本人です。
西田昌司には何度も抗議のメールを書いておりますが、「西田昌司はコソコソと泥棒のように逃げ隠れ」をして一切の反論から逃避しています。
私は、西田昌司が心の底から憎み死ねばいいと思っている日本人の立場として、なぜ日本国の国会議員でありながら日本人を憎み弾圧するのか疑問であります。
西田昌司には今すぐ日本から出ていってほしいのですが、ひとまず次回選挙では徹底した落選運動を行い絶対に再選させないように行動する所存です
Posted by 無私 at 2017年08月26日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート