2017年03月24日

証人喚問までして誰得なのか?混迷する森友学園問題

森友学園問題の分岐点とも言える籠池理事長の証人喚問が昨日行われました。この一日の籠池氏の様子を見ると非常に落ち着いていました。証人喚問は虚偽答弁が偽証罪に問われますので発言も慎重になるのではないかと思われていただけにこの腹の据わり方には驚きました。

籠池 証人喚問.jpg

この証人喚問が開かれるきっかけとなったのが、「安倍晋三から100万円の寄付をいただいた」という籠池氏の発言によるもの。選挙区外の有権者への寄付行為は公職選挙法にあたりませんが、安倍総理自ら「私は森友とは拘わりがない」と発言していることから追及する野党としては格好の攻撃材料になることから、その発言を挫くため与党側は偽証罪が適用される証人喚問の開催となりました。


しかし発言を挫くどころか籠池氏は堂々と100万円の寄付があったと発言しています。よく考えればこの寄付行為の場所は理事長室で行われており、安倍夫人と二人きりなので、安倍夫人が明確な反論証拠を出さない限り言ったもん勝ちになってしまいます。しかも偽証に問われる証人喚問で証言していることでそれを元に今後疑惑追及がされてしまうことになります。

これに対抗するには安倍昭恵夫人も同じ土俵(証人喚問)で否定をするしかない。ということで籠池氏を引きずり出した結果、与党にとっては却ってまずい展開になったのではないでしょうか。


しかしこの証人喚問において籠池氏の嘘も明らかになっています。昭和天皇が園に来訪したと最近までホームページに掲載していましたが、実はそれが虚偽であったと発覚し、振込用紙の使用期間に矛盾点、そして三つの異なる金額の契約書について問いただされるとを見ても明らかに嘘で塗り固めた籠池氏を偽証で引っ張れば幕引きを図ることも可能となるでしょう。


いずれにしろ野党は今後も追及するでしょうが、明確な証拠でも出ない限り落としどころも見つからず国会は停滞したままとなるでしょう。この停滞した国会運営果たして誰得なのか?野党が安倍追い落としのためにこれあり気で費やしたところで落としどころも見つからない状態では時間の無駄に終わってしまうような気がしてなりません。


この森友問題で膠着している間に共謀罪が閣議決定され国会での可決がほぼ確定しました。野党はこの法案を全力阻止するはずだったのに森友問題が安倍政権転覆の決定打とならずにすんなり通したことは戦略ミスであり大いに反省するべきではないのか?





籠池夫人と安倍昭恵夫人とのメールのやり取りも公表されましたが、切迫詰まった内容のメールを見るといたたまれない気持ちが抑えきれません。

 
【3月16日分 (安倍)昭恵夫人と籠池夫人とのメールのやり取り】

 昭恵夫人 祈ります。

 籠池氏妻 安倍首相はどうして園長を地検にいわれたんですか 国は自分等に大事な民衆をきりすてるのは許せない国会にでます 安倍首相を

 昭恵夫人 それは嘘です。私には祈ることしかできません。

 籠池氏妻 尊敬していたのに小学校をやめ 幼稚園は 破産 建築や社長は破産 お父さんは詐欺罪 あんまりにも 権力を使うなら死にます

 昭恵夫人 私もどうしていいかわかりません。権力など使っていません。神様はどこに導こうとしているのか。とにかく祈っています。自分達の保身ではありません。日本の将来のためです。



果たしてこの結末はどのようになってしまうのか?安倍を追い詰めるつもりがまったく予期せぬ犠牲者を生み出してしまった。そんな最悪の結果は避けて貰いたいと願わずにはいられません。


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:52| Comment(0) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート