2017年03月17日

自分に降りかかる火の粉を振り払おうとして墓穴を掘る稲田朋美

森友学園騒動の渦中にある籠池理事長が、自民党保守系議員や維新の会の大阪府松井知事といったこれまで森友学園の教育方針に賛同してきた人間から「迷惑している」だの「幼稚園を潰せ」だの言われ果てには賠償訴訟をちらつかされるなど掌返しともとれる言動や行動に失望したのか元しばき隊の菅野完(ノイホイ)と結託することとなり反自民反政権へと方向転換ともとれる爆弾発言をしました。






安倍総理自ら森友学園側に100万円の寄付金を渡していたと漏らしています。事実ならば公職選挙法には該当しないようですが、自ら関わっていたことを国会で否定していましたし、辞めるとも言っていたのですからこれが真実であれば総理大臣の座はおろか議員辞職は避けられないでしょう。しかしこれも籠池側が一方的に捲し立てた情報ですからその真偽はきちんと精査しなければなりません。そして今月23日には籠池氏の証人喚問も決定しました。参考人招致を訴えていた野党ですが、証言に偽証があれば刑罰の対象となる証人喚問ですから与党としても腹をくくって対峙する決意を固めたのでしょう。


この問題については今更申し上げることはありませんが、もはや泥沼化しており収集のめどが立たない状況です。籠池氏や森友学園を散々叩いていたマスコミや野党が籠池側の代理人として振る舞う菅野完から情報を掴もうと躍起になっています。そして自民党政権を追及する野党も籠池理事長との懇談が実現するなどその様は反安倍政権で一致しているように見えます。可愛さ余って憎さ百倍ということなのか今の籠池理事長の反転攻勢はまさにこの言葉に尽きます。






こうした菅野のようなチンピラや散々敵対していた民進党や共産党といった野党と結託している籠池理事長と森友学園の運命は絶望的とも言えるでしょう。菅野が籠池理事長の窓口として代弁者のように振る舞われることで運営している園の方針に賛同していた人たちがこれで一気に離れてしまう可能性が高くなるからです。現に森友に関する報道がされてから一貫して擁護してきたさくらの花びらというブログも三行半を突き付けるともとれる内容の記事を投稿しています。

ブログ:さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」 (url)


保守と呼ばれる人達から失望を買ってしまった籠池理事長と森友学園ですが、しかしそれ以上に自民と維新の裏切りによるショックがあったからこそ起こした反旗なのかも知れません。



そして反旗を翻された籠池氏のターゲットの一人である現防衛大臣の稲田朋美は森友問題で一番の批判の矢面に立たされています。森友学園や籠池理事長との付き合いは10年来なく裁判もかかわったことのないと言っていたにも拘わらず、実は議員になる10年前に森友学園の弁護人として名を連ね法廷にまで立っていたことも分かりました。

稲田朋美 森友.jpg

10年前以上の議員になる前のことですから記憶違いはあるでしょうが、きっぱりと関係していないと言い切ったのはあまりにもバツが悪いとしか言いようがありませんが、野党は国会答弁に虚偽があったして辞任を求めています。この問題だけではさすがに辞任する必要はないでしょうが、しかし稲田朋美は自分の身に火種が降りかかると必死で振り払うような態度が垣間見えるようで非常に見苦しく感じます。


こうしたヒステリックに保身に走る事案として過去にあったのが在特会との拘わりを週刊誌に掲載されたことを否定するために稲田が起こした訴訟があります。

サンデー毎日報道で稲田氏が敗訴 判決で在特会との関係指摘 大阪地裁 sankei west(url)

「稲田とザイトクは蜜月」という内容を週刊誌の取り上げられたことで名誉棄損だとして訴訟を起こしましたが、これ訴訟を起こすほどのことなのか?在特会と絡んでいたら名誉棄損になるような胡散臭い保守団体という認識があったからなのか分かりませんが、裁判を起こすほどのことではないと感じますし、おまけにその結果が全面敗訴ですからね。この件でそれまで稲田朋美を支持していた在特会会員やそのシンパからは総スカンされることなりました。


はっきり言ってしまえば稲田朋美は閣僚どころか国会議員失格です。将来の総理候補としてあげつらっていた自称保守の連中も今回の報道でよくわかったでしょう。自分の身に危険が及ぶとオタオタしてヒステリックに必死で火の粉を振り払おうとそれまで支持していた人ですら知らないなどとシラを切るのですから。籠池理事長に対する自称保守共の手のひら返しの中でも稲田のが相当ハラワタ煮えくり返っていると思います。この稲田の態度が籠池氏を反政府に方向転換させた最大の要因と言えるのではないでしょうか。


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 00:24| Comment(3) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルイヴィトンならではの創造性を発揮して特徴的なデザインを実現したバッグは、防水性が良く、傷みにくい素材がそこかしこに使われており、こと機能面でも非常に優れています。
ルイヴィトン財布 ダミエコピー
Posted by 橋本友美 at 2017年03月18日 12:29
ルイヴィトンの類まれな創造性が生かされた飽きのこないデザインを形作ったバッグは、耐水性に優れ、傷が目立ちにくい素材を使っているなど、機能的な面でも十分過ぎるほどです。
ルイヴィトン財布
Posted by 斎藤末吉 at 2017年05月13日 10:40
日本国内で年間にして1500億円以上という売上げもさることながら、そのデザイン性が美しいことや使いやすさなどから、世界中で一番人気のあるフランスの高級ブランド、それこそがルイヴィトンだ。
ルイヴィトンモノグラム・マルチカラーバッグコピー
Posted by 阿部明菜 at 2017年05月15日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート