2017年03月03日

唐突に飛び出した鴻池会見で自民党のトカゲのしっぽ切りが明確に

森友学園問題が関係者の証言によって次々と明らになる中、追及されている側の安倍総理もこの問題に辟易としているのか当初、学園の教育方針に賛美していたのに一転して「迷惑している」「しつこかった」とそれまで支援されていた森友学園の理事長を一転、突き放すような態度を取っています。


安倍としてはこれだけメディアで騒がれてしまった森友学園の存在が疎ましくなり、さっさと切り捨てたいという思惑なのでしょう。そんな安倍総理の思惑を察してか身内の自民党の重鎮である鴻池祥肇議員が記者会見を開き、陳情に訪れた籠池理事長夫妻との面会記録を公にしました。お金らしき包み物を差し出されたものの自分はお金らしきものを受け取っていないと釈明した上で森友学園側を厳しく糾弾したのです。


この会見を開くきっかけになったのが前日に国会の予算委員会で共産党の小池議員が「自民党議員と森友学園側との交渉があった」ことを明らかにしたのですが、それが鴻池議員だったことが分かり釈明会見となった訳です。


それにしても腑に落ちないのがこうした利権に絡むような面会記録をご丁寧に残しておいて、その情報が外部に漏れて共産党が入手しているということです。即日これを受けて鴻池議員が会見となったのですがあまりにも段取りよく進んでいるように見えてしまいます。


民進党議員がメルマガで暴露「自民・鴻池氏が共産党に情報を提供した」 zakzak 3月4日 (URL)

この記事が本当だとしたら鴻池議員側が共産党にリークして自分の支援者を売ったいうことになりますね。かつてはこのように森友学園が運営する塚本幼稚園を絶賛し支持していたのに・・・






お金を差し出してきた森友の理事長に糾弾するのはいいとして、「学校を作らせたらいかん」「(塚本幼稚園)も閉じた方がいい」とはずいぶんな物言いですね。これは森友学園側だけではなく学園に通う児童やその保護者をも切り捨てているようにも取れますしもう少し言葉を選ぶべきであると思うのですがね。公僕にある者がこのようなことを平気で言うとは強権力を行使しているようで非常に恐ろしく感じます。


更に今度新しく出来る小学校の校舎にイチャモンまで付けるとはよほど森友を潰したくてしようがないのでしょう。

赤い木.jpg
真っ赤な中華.png




鴻池は会見の端々で安倍を擁護するニュアンスが垣間見えているように、この問題を自民党から早めに切り森友に全責任を押し付けようとする気があるのでしょう。しかし鴻池の主張にも矛盾があり、このように出入り禁止にした後でも政治献金はしっかり受け取っていたようです。







この鴻池会見については森友学園側が文章の内容をねつ造であるとし(鴻池氏側が)献金や寄付を強要していた事実を揉み消そうとする態度には嫌悪感しか感じないと反論しています。どちらが正しいのかこれから明らかにされるでしょうが、自民党という政党はかつての支援者を高尚ぶってこれだけこき下ろせる高慢な政党であるということがよく分かります。


泥試合の様相に呈してきたこの騒動、森友学園も自民党も騒動を早く収束したいのは両者一致していますが、自分だけよければと支援者を切り捨てるようなトカゲのしっぽ切りともとれる自民党の行動を見ると胸糞悪く感じます。



(スポンサードリンク)






posted by yuuponshow at 22:15| Comment(0) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート