2017年01月31日

悪態ついて罵る反安倍こそが安倍政権の最大の応援団

今週、各報道機関において内閣支持率が発表されていますが、いずれも60%前後と軒並み高水準の支持率をキープしています。数字が盛られているのでは?という推測もありますが多少盛っていたとしても数値が高いことには変わりがありません。こうした安倍政権の高い支持率を維持させている要因は安倍政権の政策ではなくて反安倍側に原因があるとも言えます。

特に野党第一党である民進党は党首蓮舫はが今だ自身の二重国籍問題について明確な説明をしていません。党首がこの状態というのもありますが、政策ではなく言葉の揚げ足取りに躍起になっているのですからどうしようもありません。必死こいてツイートで「でんでん」を拡散しようとした大西健介議員も逆に批判されてしまう始末。こんなんで政権支持率下げられるならばいくらでもやりますがこんなの却って反感を抱かれるだけです。なんでこんな間抜けな攻めしかできないのでしょうか(-_-;)




その野党第一党である民進党で安倍支持率上昇に最も貢献しているのが有田芳生であることは疑いの余地がありません。ツイッターでこれまで数々の暴言を吐いてもなぜかマスコミから取り上げられることがないので言いたい放題なのですが、その有田もここにきて著名人から批判を浴びています。










橋下が数年前の有田のツイートを持ち出し、自身に向けられた侮蔑ツイートを取り上げて批判することで慌てた有田が反撃をしていますが、この弁解があまりに見苦しい言い訳です。








すかさず橋下も有田のツイートに対して応戦するなど橋下VS有田という新たな対立抗争の火ぶたが切って落とされました。この抗争は出目を揶揄された橋下に分がありますから、どうせならメディアも使って徹底的に罵倒して貰いたいですね。影響力があり発信力のある橋下ですから有田の醜態がネットを越えて世間に広く知れ渡らせるいいチャンスになるのではないかと思います。


オウム事件の時に最もテレビに出演していたジャーナリストとしての知名度もあるでしょうが、このような差別主義者が国会議員であることが驚きであり、そしてこの男をネクスト法務大臣として重用している民進党の扱いが信じられません。


有田芳生も酷いものですが、それ以上に酷いのが有田の弟です。兄貴に対する批判リプを飛ばした者や思想の反する者にわざわざ乗り込んでいって子供じみた罵詈雑言をまき散らしているのですから、それがあまりにエスカレートしてしまい遂には杉田水脈氏から告訴される模様となりました。杉田水脈氏にストーカー行為ともとれる執拗で汚い言葉を浴びせかけるとは思想の相違以前に人間として最悪であり、兄弟揃ってこれまでの悪行を司法で裁いて貰いたいものです。

有田 うんこ.png

公職にある者の身内なのだから自分が暴言を吐いたらそれが公職にある身内に迷惑が及ぶとか考えないのでしょうか?もしかしてわざと悪態を振りかざして反安倍勢力を咎めようとする安倍応援団なのではと勘繰りたくなりますが、批判される側にとってはまったくダメージもありませんしむしろもっとやってほしいと思うでしょう。うんこだのぼろ雑巾だの汚く罵ってくれる連中を民進党が囲っていれば自民党のがマシだと考えることになるのですから。

本気で安倍政権打倒を考えているならばこういう連中を何とかしなければならないのですが、民進党もこの外野でガヤガヤ騒ぐ方が性に合っているようですし居心地が良いのでしょう。口汚く罵りながら「安倍倒せ!!」とプロレスのようなヒール役を買って出ている民進党の存在があるからこそ自民党政権は失政続きでも安泰のままなのです。



(スポンサードリンク)







posted by yuuponshow at 18:17| Comment(0) | 有田芳生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート