2015年12月22日

安倍自民党政権の補完勢力と化した橋下党と旧次世代の党

先日、任期満了となり大阪市長を退任した橋下徹氏が、その足で東京を訪れ安倍総理・菅官房長官と会談を行いました。政治にはかかわらないとし引退表明をしたはずの橋下ですが、この度国政政党・おおさか維新の会の『法律政策顧問』に就くそうです。

橋下 政治家に戻らない.jpg

結局党内に影響力を残す気満々のようで、この会談も自民党との連携を含めた今後のための活動とみて良いでしょう。政界引退などブラフでしかなく大阪市民に否定された大阪都構想もいずれ蒸し返して法整備のための動きを再び見せることも予想されるので警戒しておくべきです。





そして今週、国政政党で新たな動きが、保守政党である次世代の党が、党内議員総会を開き党名を「日本のこころを大切にする党」に変更すると発表しました。この党名への変更については否定的な意見も多く、所属議員からも不満の声が挙がっている状況です。



党を躍進させるためにも分かりやすい政党名にして国民に周知し覚えて貰うのはわかりますが、こんな抽象的で覚えにくい政党名にわざわざ変更するとは何を考えているのか?しかも参議院選挙が来年に控えているこの時期の変更とは所属議員や支持者を困惑させるだけ迷走しているとしか思えません。


次世代は先の総選挙において壊滅的大敗北を喫しており、その要因が次世代の党という党名にあったとの指摘もあります。それで変更したようですが国政政党を自負しているのならば国民に浸透しやすいよう配慮した形で選定するのが大前提なのにも拘わらずわざと自滅を望んでいるとしかいいようがありません。これでは支持者も逃げ出したくなるものです。






この党名のやる気の無さもそうですが、次世代の中心的存在であった元党首の平沼赳夫と園田博之は党を脱退して既に自民党に復党しており、この政党の存在意義はもはや失われつつあります。今の安倍政権に苦言を呈す保守政党の存在はもはやなくなったと言って良いでしょう。


橋下党や旧次世代にしても安倍の補完勢力になる気満々のようです。憲法改正という共通認識があるとは言え、いずれは吸収されても構わないとも思っているのでしょう。今の公明党を見ればそれが分かるのですが、取り込まれることで各政党の独自性は失われてしまうのですが所詮そういった認識でしかなかったということです。経済問題を始めとした今の国民無視政策を推し進める自民党政権に取り込まれるのを望む政党であれば潰れてしまっても構いません!!



(スポンサードリンク)










posted by yuuponshow at 16:00| Comment(0) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート