2015年08月20日

未公開株で詐欺行為を働いた武藤議員は果たして離党だけで済ませられるのか!?

前代未聞の現職の国会議員によるスキャンダルが勃発しました。自民党の武藤貴也衆議院議員が知人に未公開株の購入を持ちかけ、集めた出資金の返還を巡ってトラブルになっていると週刊誌で報じられたことで責任を取り自民党を離職する事となりました。

武藤貴也.jpg

学生デモ批判 武藤議員が“議員枠未公開株”で4100万円集金していた 週刊文春web


詳細についてはまだ明らかでない部分もありますが、武藤議員本人は「(記事に書かれた事は)一方的な内容で事実と異なるとして議員辞職はしない」「プライベートな問題により党に迷惑をかけたので離党する」と表明しています。事実と異なるのに自民党を離党とは整合性の取れない行動であり、週刊誌の記事の通りと見て間違いないようです。

しかし出処不明の未公開株の話を議員自ら持ちかけるとはどういう事でしょうか?しかも国会議員枠の未公開株とは初めて聞きますが、これ本当に言っていたのであれば政界を揺るがす大スキャンダルであり、国会議員という立場を利用した詐欺罪として立件されるかも知れません。自民党本部から集金するためのノルマでも課せられたのでしょうか?あまりにも阿漕で露骨な詐欺を働いたものです!一般国民から見て看過できませんし武藤議員本人から事実関係を明らかにしなければなりません。


自民党も自民党です!離党の申し出をあっさり受託し離党させるなどタイミングが早すぎるでしょう!それで済むと思ってるのでしょうかね?党が率先して武藤議員から事実関係を聴取しそれ公表させた上で議員辞職を勧告するべき事案だと思います。即日離党届を提出させておいて騒動が鎮まるのを待っているようにしか見えません。



この方のように騒動の沈静化を待っているのでしょうかね。

小渕 ドリル.jpg




武藤議員と言えば安保法案反対を訴えている学生団体「SEALDs(シールズ)に対して「自分中心、極端な利己的考え」とツイッターで批判していました。自民党が解釈変更による安保法制を通すために説明が十分に果たされていないのに拘わらず逆切れとは呆れたものです。今回の騒動は武藤議員が国会議員としての立場を使った利己的な詐欺事件ではないのですかね。



このシールズとの流れで武藤議員の発言を擁護していた方々もいましたが、まさかこんなスキャンダルが発生するとは思いもよらなかったでしょう。






それにしても今回の騒動は禊が済むまでなど悠長な事にしないよう明らかにして貰いたいものです。






posted by yuuponshow at 23:15| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ツイート