2019年02月26日

辺野古移転反対の圧倒的民意も一切無視する安倍政権の態度を改めさせるには!?

沖縄県辺野古基地の是非を問う県民投票が日曜日に行われ、結果移設「反対」は72.2%、「賛成」が19.1%、「どちらでもない」は8.8%となり圧倒的に辺野古移設反対が沖縄県民の総意となりました。









「反対」に投票した人は有資格者数の4分の1を大きく越え、玉城デニー知事の得票数をも大きく上回りました。投票率は50%を越え、「反対」は全市町村で、全年代で「賛成」を上回る結果となりました。この投票結果を更に紐解いていくと反対票を投じたのは共産・立民支持者が100%、他の野党も90%越えとなるなかで辺野古移転を進めている政権与党の自民党支持者ですら48%と過半数に届く程の反対票を投じたということからも分かるように沖縄基地をめぐる県民投票の結果は今後のプロセスにおいて影響を与えることになり決して軽視できません。これをもって玉城知事は安倍総理大臣とアメリカ・トランプ大統領へ投票の結果と移設反対の意志を伝えるようです。




ところが安倍総理は玉城知事との会談を受けるまでもなく、投票結果を真摯に受け止めると言いながら工事は続行しており県民投票の結果の無視を決め込んでいるようです。










安倍もそうですが、足並みを揃える安倍サポも投票結果にたったの4分の1やら投票が税金の無駄やら難癖付けて民意にはならないと暴論を振りかざしています。










こいつらの言い分通りならば先の衆院選での自民党が獲得した絶対得票数は選挙区では4分の1以下、比例はさらに低くなるという統計結果も出ているので自民党政権は民意とは言えませんね。そして5億円を投じた県民投票が税金の無ならばその5000倍の2兆5000億(この数字も低く見積もっているとの見方もあるが)と言われる辺野古移設工事などわざわざ外国のための軍事施設のためにこれほどの無駄金の投入こそが無駄です。強権を振りかざして民意を捻りつぶそうとする鬼畜政権にはきついお灸を据えなければならないでしょう。勿論そのシンパも然りです。





とは言え、撤去を含めた米軍基地の見直しは容易ではありません。最低でも県外と主張していた鳩山政権の失敗は、米軍基地を取り巻く難題さを認識させられました。マヨネーズの軟弱地盤でも多額の税金が掛かろうとも安倍政権が民意無視で辺野古あり気で推し進めているのはアメリカの存在が強大だからです。不公平な日米地位協定の見直しもできない状態も含めて安倍総理がトランプと対等に交渉しきる力はありません。変えるならば日本政府を無視してトランプに仕掛けるしかありません。




ノーベル平和賞に推薦するなどトランプへのゴマすりに余念がない安倍ちゃんですから、トランプが辺野古基地断念を決断すれば掌返しすることは容易に想像できます。問題はトランプが辺野古移転中止を決断するかですが、県民投票を受けての圧倒的否定多数を突きつけることで外国での米軍基地設置に拘らないトランプも決断する可能性もあります。しかし移転賛成に前のめりなのはむしろ日本政府側なので、あの手この手で辺野古の重要性を唱えて言いくるめようとするかも知れません。




辺野古新基地No.PNG




いずれにしろ辺野古問題の鍵はトランプが握っていると言えます。日本もこの先参院選もあり、立ち位置が変わるかも知れませんが、アメリカの意向は無視できませんから当面はトランプの動向に注目するしかありません。しかしもしトランプが移転反対表明したら安倍政権立つ瀬ないでしょうね。その時どういう掌返しを見せてくれるのか見てみたいものです(笑)


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:08| Comment(0) | 沖縄基地問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

安倍との決別!?拉致家族会の苦渋と決断

連日、報道されている不正統計問題ですが、先日の予算委員会において立憲民主党の長妻議員の質疑の中で官邸からの働きかけを示唆したと思われるメールの存在が明らかになりました。







先述の動画にもありますが、十分な答弁ではないのにも拘わらず安倍総理が「一旦下がれ!」と根本厚労大臣に指令を出すなど、なりふり構わず強権行為を発動しました。これに対して質疑者の長妻議員は勿論のこと、同党の野田聖子議長からも窘められることになったのですが、それにしても安倍のこの振舞いはこれまでの答弁のはぐらかし、時間稼ぎなどよりもっと卑しく酷い前代未聞の醜態を目の当たりにすることになりました。



しかし必死のはぐらかしも空しくメールの中身が既に漏れていることで観念した根本厚労大臣は中江前総理秘書官が働きかけをしたことを概ね認めることになりました。


犯人は中江前総理秘書官.png



これで総理秘書官が不正統計関与に深く関わったことが明らかとなり、安倍総理は関係ないという言い逃れはできません。それでも秘書官が勝手にやったとか言い逃れするかも知れませんが、加計学園の柳瀬元秘書官の前例もありますから、二度続けて関与してないという言い逃れは無理があり過ぎます。虚偽、捏造、不正が横行する安倍政権の実態がようやく明るみになったことでこれから先の野党の追及には期待したいと思います。





さて本題に入りますが、拉致家族会が北朝鮮の金委員長充てに拉致問題解決を訴えるメッセージを送ったことが波紋を呼んでいます。








これまで拉致家族会は拉致問題の交渉事における手筈はすべて日本政府に託してきましたが、最も頼りにしていた安倍政権が6年経っても解決の糸口さえ掴めないのでは独自で解決方法を考えて行動に移すほかありません。今回の金委員長宛てのメッセージもそうした行動と見てよいでしょう。それでも家族会がこのメッセージを安倍ちゃんに託しているあたりまだ安倍ちゃんに希望を抱いているのでしょうか。それよりも北の要人と何度も接触している現職国会議員の元プロレスラーに託した方が早いと思うのですが。いずれにしても北と直接的な交渉窓口のない日本政府もトランプ頼みですからもはや日本政府では何もできない状態であることに変わりはありません。




そう言えば家族会には属していない田中実さんや金田龍光さんが北朝鮮に存命し妻子を設けているとの報道が今月駆け巡りましたが、正確には一年前に共同通信が独自取材で報じており、2014年に北朝鮮から日本政府関係筋に生存情報が伝えられたことも明らかになりましたが、5年も拉致事件にかかわる重要な情報を隠蔽する意図がまったく理解できません。









北朝鮮が生存情報を利用して日本を交渉のテーブルに引っ張りこむための手段との見方もあるようですが、それでも情報をひた隠しにする必要性などありません。眉唾もののどんな情報にしろ公にして広く検証していく必要があるからです。公にすることで進展に繋がる可能性も否定できません。




政府がひた隠しにしてきた生存報道を報じた共同通信に対し、安倍御用議員が世論誘導だと釘を差すようなツイートをし、そのシンパも一緒に非難しているのだからどうしようもない救いようのない連中です。







家族会と頻繁に接触したりして拉致問題解決のため動いている素振りは見せますが放置しっぱなしの現状を見れば安倍が政権延命のために拉致問題を利用しているのは明白です。家族会はいい加減に安倍に見切りをつけるべきだと思うのですが、今回の行動を機に目が覚めてくれることを願わずにはいられません。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:34| Comment(5) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

安倍に飼いならされたデマゴーグとそのシンパによる名誉棄損のテロ行為

先日40万人を誇るアカウントから唐突に発せられたこのツイートが騒動の着火点となりました。



フィフィ デマツイ.png




タレントのフィフィが蓮舫に対するこの内容はデマであることが分かり該当ツイートは削除されています。平成16年は蓮舫が国会議員になった年でこの法案は蓮舫が国会議員になる前に成立したものですから明らかなデマなのですが、彼女はフォロワー40万を誇る影響力のあるアカウントであり、削除される前に広く拡散されてしまったことで蓮舫や所属する立憲民主党の目にも留まり、更には大手メディアでもこのデマツイを精査せず報道してしまったので大騒動となりました。











デマと認識したフィフィは謝罪に至ったわけですが、謝罪までの経緯を見ると直接立憲民主党から電話が掛かってきたことにより仕方なく謝罪に応じたと受け取れます。彼女これまでもありもしないデマを唐突にツイートするデマツイ常習者ですが、これまで素直に謝ったこともなくデマツイも放置しっぱなしですが、今回相手から直にアポが来たことでさすがに謝らざるを得なかったようです。



しかしこれだけの反響の大きさからして謝罪は相手の電話とツイートだけというのも何とも解せませんね。蓮舫に直接会って謝罪するなり、会見するなり誠意を見せるべきだと思いますが。それに謝罪した後のこの呟き、いかにも反省してないかよくわかります。頭下げれば済むと思っているのか反省の欠片もなし舐めてますよこの態度








フィフィの思想的立ち位置は御覧のように安倍自民党にべったり状態、日頃安倍ちゃんが野党から総攻撃仕掛けられて怒りまくったからデマツイで一矢報いたかったのでしょうか。



フィフィ 安倍.PNG







深刻なのはフィフィのようなデマゴーグの首謀者ではなく、それに呼応して一緒に蓮舫を叩いていた連中です。私も安倍政権支持のフォロワーアカウントのリツイートでこの件知りましたが、この連中も拡散してごめんなさいしなきゃならないのではないですかな?一緒に追及してデマと分かると謝りはしないのは当然として、素直に謝罪したのだから潔いとフィフィを祭り上げているのです。そして別の切り口からまた批判再開する有様、被害者ぶって再攻撃を仕掛けるという卑怯極まりない連中ですな。

















著名人の百田尚樹がデマを顧みず民主党がさも悪いと言わんばかりに被害者の蓮舫に噛みつき、またそのシンパがぶら下がり蓮舫批判を展開するという悪態ぶりを晒していますが、民主党が骨抜きにしたというエビデンスも示さず事実誤認も甚だしいものです。それにこの連中自民党が去年やらかした児童虐待防止法の改正案をカジノ法案優先で審議しなかったことには触れないつもりなのでしょうか。








デマツイと認識しながらいまだ削除せず拡散しているまとめサイトもあります。こういうのをのさばらしたままでは謝罪で禊が済んだとは言えないのですがね。


フィフィ 謝っても許してくれない.PNG






デマツイのフィフィもそうですが、一緒に焚きつけて騒いでいた連中も同罪でありむしろこちらの方が罪深いと言えるでしょう。これが安倍政権をのさばらせる要因とも言える卑しく卑怯な連中です。こういった取り巻き連中にも猛省させるべく一度痛い目に遭わせてあげたいものです。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:34| Comment(0) | 自民党工作員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする