2017年08月09日

酷暑の中で行われる東京オリンピックの大義とは!?

東京オリンピックまであと3年となりました。新国立競技場や競技施設建設など急ピッチで進んでいますが、コンパクト五輪を掲げていながら当初の予算である7000億円から3兆円にまで膨らんでいます。見通しの甘い予算編成で結果的に巨大な予算編成が避けられなくなった東京オリンピックですが、それより深刻な問題となるのが開催時期を巡る問題です。







東京オリンピックの開催は2020年7月24日から8月9日まで、猛暑を通り越して酷暑とも言えるこの時期に行われます。東京は連日35度超の気温が続きますが、それ以上に深刻なのが日本特有とも言える高湿度です。それに台風やゲリラ豪雨と言った災害が頻発する時期と重なることを鑑みても日本においてオリンピックを開催するのは選手はもとより、運営をサポートする関係者、観戦する観客からしても酷であり、五輪史上最も過酷な大会となりそうです。


東京オリンピック開催が決定したのが2013年9月、この時は日本国中が約半世紀ぶりとなる東京五輪開催決定となり歓喜に湧きました。ただ開催時期については私も含めて前回同様秋開催になると思っていた方は多かったと思われます。ところが開催時期は初めから7、8月と限定されていたのです。


前回の東京オリンピックは秋の風が心地よい10月開催であり、スポーツ競技をするアスリートにとっては最高のパフォーマンスを発揮しやすい時期でした。7月8月開催では上記の理由で選手が万全のパフォーマンスを発揮できるとは思えません。しかしJOCはIOCに対して7月から8月にかけての東京の気候は最高のパフォーマンスを発揮できると報告しているのです。







オリンピックを誘致するために平気で嘘をついたとなればJOCの罪は非常に重いと言えます。選手の最高のパフォーマンスを発揮させるのであれば前回同様秋口での開催が望ましく夏開催では避けるべきでした。



しかし7.8月での開催というのは欧米メディアの都合により既に決まっており、時期をずらすことは叶わなかったようです。しかし東京誘致に拘ったJOCは確信的にこの時期での開催に舵を切ってたのです。開催時期をずらすことができなければ辞退するべきだったし、はっきり言って、8月開催だとわかった上で、屋外競技を屋外でやろうとしてる時点で無謀なことをやろうとしているのです。


それに新国立競技場はエアコンなどの空調設備がない施設と聞きます。その状況でありながらこの時期での開催とは選手に対し苦行を課しているようなものです。酷暑対策にアスファルトに遮断性舗装やミストを施す対策をするようですが、焼石に水となるのではないでしょうか。そして以前に記事で取り上げた東京ビッグサイト問題、まさかこのような弊害が生じるなどとは思いもしませんでした。


参考記事:東京オリンピック前後に首都圏の主要施設が閉鎖されることをご存知ですか? (URL)

東京ビッグサイト.jpg東京ビッグサイト 利用期間.png



国威掲揚というスローガンの元、石原元都知事が頑なに拘った東京五輪ですが、あらゆる犠牲の上に成り立たせるオリンピックを開催する大義が果たしてあるのでしょうか?石原だけではありません。オリンピック誘致をゴリ押ししてきたJOCや森喜朗を始めとする東京五輪組織委員会も同罪です!





(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 23:55| Comment(0) | 東京オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート