2017年06月03日

言論弾圧も厭わない自民党の腰ぎんちゃくヘイトスピーチ法積極的推進の日本維新の会

悪法名高いヘイトスピーチ法が可決されて一年が経過しました。可決前から危険視されて反対の声が高かったにも拘わらず与党自民党政権が主導したのですが、当初この法案制定に尽力した西田昌司を始めとした自民党連中は罰則のない理念法であると強調していました。ところがこの法律が可決されて一年という節目に大阪市ではネット上の3件の動画について初めてヘイトスピーチと認定し、動画の投稿者名を公表したのです。






動画の内容は4年前に行われた在日朝鮮人に対する差別的な街宣活動のもので、ネット上からこれらの動画を削除要請し、名前の公表(本名は動画配信元側が拒否したためハンドルネーム名で公表) に踏み切りました。


大阪維新の党所属である吉村市長は国に対し、罰則強化を含めた規制の働き掛けをしていくとのこと。左翼が言論の自由とか言論弾圧などと言っていますが、現実にこうした規制がすでにスタートしているのです。大阪では理念法にとどまらず条例として氏名を公表するしており、更に罰則を強化させようとしているのですから恐ろしいことです。


思い返してほしい、一年前の川崎市で行われた保守系のデモ活動がヘイトスピーチも何もしていない段階で反対派の抗議活動によって中止に追い込まれたことを。

デモ1.pngデモ2.pngデモ3.png
デモ4.png



まさにこの時から言論弾圧が始まったのです。そしてこの言論弾圧に最も積極的に加担しているのが橋下徹率いる日本維新の会なのです。





このように行政訴訟でもして徹底的に対抗して貰いたいものです。根拠も定義も曖昧なヘイトスピーチという名を語った言論弾圧法に怒りをあげなければなりません。


国会においては自民党の腰ぎんちゃくとして野党という立場を利用して他の野党を口撃する役目に回り、安倍政権にとってはありがたい存在です。特にこの足立康史などその急先鋒とも言える役割を果たし保守層から人気が高いようですが、この男も含めてヘイトスピーチ法案に賛成しており維新の党が言論弾圧に加担する党であることをどれだけの人が理解しているのでしょうか?

足立 称賛.JPG





そしてこの荒くれ集団を率いる党首の松井一郎は他の自治体の政策には積極的に首を突っ込むくせに自分の党の腐敗体質には感心がないようです。





NHKをぶっ壊すでお馴染みの立花孝志氏はNHK問題だけではなく、維新の会の腐敗体質について公衆の前で堂々と発言していますストーカー・政務活動費1000万円ネコババ・有権者への恫喝脅迫・裏金、それに傷害暴力沙汰まで起こすといった自党のスキャンダルに対して何の対処もしておらず他人に厳しく自分に甘い橋下党の現状が垣間見えるようです。






とりあえず来る7月の東京都議会選挙で自民都議連の壊滅的惨敗は勿論のこと、維新の会には議席を失っていただくしかありません。橋下頼りの政党が橋下がいなくなったことで支持率低下し、仕方ないので安倍自民にとりすがろうとしているこんなろくでもない政党などとっとと潰れるべきです!!!!

(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 15:51| Comment(2) | 橋下維新の党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート