2017年06月14日

コンパクト五輪はどこへ!?巨大利権に蝕まれる東京五輪

56年振りに日本で開催されることになった東京オリンピック。ところが財政的に大きな歪が生じています。





立候補時点では7300億円と見込まれていた大会予算ですが、それだけでは収まらず2.5倍の1.8兆円にまで膨らみそうです。しかもこれは3兆円まで膨らんでいた予算をIOCの要請で削減したもので、このまま放置していたら経費は4倍にまで膨らみかけていたことになります。恐らく1.8兆まで抑えられずに更なる経費が上乗せされることが予想されます。


そもそも東京五輪を招致する際に石原都知事はコンパクト五輪と称して既存の施設を再利用するといってきました。ところが五輪誘致が決まると新国立競技場だの競技施設建設だのと話が持ち上がり開催費用はどんどん膨らんでいきコンパクトどころではなくなったのです。


日本でオリンピックが開催されることは喜ばしいことですし、やるからには国を挙げて応援といきたいところですが、当初のコンパクトという概念から大きく逸脱した五輪となるのは非常に残念です。しかもそれ以上に深刻なのがこれだけ掛けてきた予算は五輪という短期間での開催のための予算であり、施設を取り壊すなどで後に繋げることができません。以前の東京五輪は上手い具合に競技施設を活用できましたが、当時は高度経済成長の真っただ中だったこともあり、成熟した日本で施設の再活用や維持は到底思えません。



国を挙げてと国威掲揚を促して五輪利権を掌握する組織委員会の方針は金に糸目をつけないようで会長の森喜朗はこのようなことを言っていましたよね。こんな金銭感覚が麻痺している連中が牛耳っている五輪組織委員会ですから青天井になるのは目に見えていました。


森喜朗 たった2500億円.png





これまでの開催地では五輪後の財政破たんにより施設を維持できず無残な残骸と化した施設を抱えている都市が数多くあります。






           
アテネ野球競技メインスタジアム


アテネ 野球場.jpg



こうした弊害をもたらす商業五輪を見直し金のかかる五輪は根絶しなければなりません。東京五輪を推奨した石原慎太郎元知事や自民党都連を始めとした金食い虫共に蝕まれることになりかねない利権構造は決して景気の良くない日本に大きな痛手を被ることに繋がります。





猪瀬元都知事のこの言葉に騙され、金のかからない五輪と我々国民を騙してきた結果、史上最もお金の掛かる五輪となるかも知れません。五輪の建設が遅れるとか抜かして小池都知事の尻を叩く自民党やそのシンパですが、本来の本質を辿って行けば責められるべきは自民党そのものなのです!!!


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:25| Comment(0) | 東京オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

東京都議選は自民党が歴史的惨敗となる!?

地方選挙ながら小池新党と自民党との遺恨が繰り広げられたことで注目されている東京都知事選まであと一ヵ月を切りましたが、世論調査を見ると自民党と都民ファーストの会が支持率において拮抗しているようです。

参考記事: 小池新党、自民と並び27% 都議選の投票先調査 朝日新聞 2017.6.5(URL) 


都議選 どこに入れたいか.JPG



前回の調査では自民党が10ポイント引き離してリードしていましたが、ここに来ての拮抗となった原因としては小池都知事が自民党に離党届を提出したことにより、袂を分かつことで自民党からの支持者が流れたものと思われます。前回の調査と比べて他の政党への支持が変わらないのに自民減・都ファ増となっているのが何よりの証です。



このままでいくと都議会の議席の大半を自民と都民ファーストで分け合うことになりそうですが、自民党は都議選までに支持を減らしていき歴史的惨敗を喫することになるかも知れないのです。



と言うのは先日、兵庫県尼崎市で行われた市議会選挙における結果がそのまま都議選の結果に反映されるという論です。NHKをぶっ壊すでお馴染みの立花孝志氏が、この論について詳しく解説してくれています。





6月4日に行われた尼崎市議会選挙において自民党は9から3議席と大幅に減らしています。得票数も27000票から18000票と3分の2も減らしているとは驚くべき減票です。

動画の中で自民党の減票について分析していますが、世間を賑わせている森友・加計問題、レイプ云々が影響しており、野党やマスコミが連日これを追いかけているというのが自民党にダメージを与えていることがあります。確かにこれについては同意するところがあり、今のところ見事に自民党にマイナスイメージを植えつけることに成功しているようです。野党はともかくやはりマスコミの力は脅威であり、報道されたことが相当堪えているようですね。



それに疑惑追及に対して与党がとったのらりくらり戦術も有権者から見てもイメージ悪化に繋がったと言えます。これらの疑惑というか犯罪性も悪質性もありませんが、敵のイメージ悪化作戦が思ったよりも効果として表れたということでしょう。


そしてもう一つ挙げる要因が公明党の存在です。動画でも解説していますが、尼崎では公明党と自民党との不協和音が原因で選挙協力が叶わず票を落としています。東京も同じく公明党と自民党の選挙協力はなくなり公明党からの票が得られないことによって自民党惨敗の図式が成り立つということになります。


あくまで一地方議会選挙の結果を受けての都議会選挙分析なのですが、非常に理に叶っており興味深い分析であると言えます。


自民党も都民ファーストも思想信条は同じようなものですが、これまでの豊洲市場決定からのプロセスを含めた不透明さと今だ問題が残る豊洲市場の問題点がありながら立ち止まって再検証している小池都知事を批判し、早期移転せよと訴えている自民党都連など信用なりません。



小池都知事率いる都民ファーストも今だ市場の着地点を見いだせずにいる中では票を投じて大丈夫かという不安もあります。小池都知事の胸の内は本人にしか分かりませんが、もし豊洲移転を決めてしまえばこれまで延期していたことは何だったと憤り豊洲移転反対派はもとより推進派からも批判されることは避けられません。


もはや小池都知事が取るべきスタンスは豊洲移転中止であり、それが小池都政の取るべき道であると考えます。そして無責任に豊洲移転を推し進める自民党都議には予言通りに歴史的壊滅となることを祈ってやみません。



(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 01:20| Comment(0) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

有田芳生の放置を許す常識感覚の欠落した政界とマスコミ

自民党が森友加計問題で連日野党とメディアのネガティブキャンペーンを展開していながら今週の世論調査で自民党の支持率が下がったにせよ今だ支持率が50%を超えています。反安倍からすれば信じられないでしょうが、それよりも深刻なのがこんなに一生懸命追及している野党に支持が集まらないことです。特に民進党への世間からの批判が相当高いものがあります。


それを象徴するのが民進党参議院議員でネクスト法務大臣となっている有田芳生、この男の数々の悪行に対し、ネット上ではそれを非難する声がありながらなぜかマスコミでは取り上げません。とても公職にある人間とは思えぬ所業の数々ですのでメディアが報道すればたちまち拡散され国会議員辞職せざるを得ない状況に追い込まれるはずなのですが、報道の自由を盾に有田のことがメディアで流れることはありません。ただネット限定ながらこの男の悪行が知れ渡っていることもありとてもこんなチンピラを野放しにする政党に支持が集まる訳がありません。


今回またしても有田芳生に関してこのような言論弾圧に加担するという事態が発覚しましたが、百田尚樹の一橋大学での学園祭での講演中止要請に賛同するリツイートを行うとは公職のある人間とはとても思えません。


有田 関与.JPG


この組織(反レイシズム情報センターARIC)。は百田尚樹講演の中止を明確に示しており、有田はこれに賛同して名前も残しており明らかに中止に加担しており言い逃れはできません。奴やその取り巻きがどうのこうの言い訳しても関与は疑いようのない事実なのです。


百田 中止を呼び掛ける会.jpg






有田はこれまで保守系のサイン会や講演会を中止に追い込んだ組織に加担している証拠がたくさんあります。一般人ならともかく公職にある人間がやっては言論弾圧していると捉えられても仕方がありません。道義的にも放置することは許されることではありませんし、さすがに同僚の原口一博議員からも苦言のツイートが発せられました。


原口 正論.JPG


これに有田が逆上してツイッター上で原口を口撃していました。思わぬ原口と有田の抗争が勃発かと思いきや後日何と仲直りしています。




このように手と手を取り合ってハッピーエンドを演じていましたが、この茶番劇は何だったのか?原口も民進党という泥船にいながら良心の呵責に耐えられず発した言葉だと思っていましたが、やはり原口も腐ったみかんでしたね。


おまけに差別云々とツイートしていて見るも無様。 原口に限らず有田芳生の一連の行動を見過ごし民主主義を冒涜している行為を許すのは民主主義の否定です。


この問題について他の媒体でも取り上げられていますが、この百田騒動をツイッターで取り上げている国会議員を確認したところ、前述した原口議員の他に上西小百合議員と和田政宗議員の計3名しか確認していません。もし他の議員がいたら教えてほしいのですが、他の議員は何をやっているのでしょうか?


一部マスコミでも取り上げられた現職の国会議員の不始末に批判の声があがらないとは異常であると思いませんか?しかし考えてみれば自民党はヘイトスピーチ法案を共に成立させた盟友であるし、維新もそう。他の野党は有田のような思考なので問題にすることもなく、結果取り上げてくれるのが組織に縛られることのないごく少数の無所属議員しかいません。


恐らく有田の所業は国会内でも知れ渡っているはずです。有権者から国会議員に対して有田の悪行に対する通報はされているはずですがだがそれを放置しているのです。何でだかわかりますか皆さん?バックに暴力集団しばき隊がいるから脅しが怖いからでもなく国会議員全体の常識感覚が欠落しており問題であると思っていないのですよ。


こんなチンピラを放置すること自体、倫理上、道義上あり得ない話なのですが、それがまかり通っている今の政界、そしてそれを報じないメディアも同罪。皆が庇ってくれるから前科者有田はまた同じようなことをやらかすでしょう。国民からの怒りを届けても肝心の国会議員がシャットダウンしてくれるからこのチンピラの横暴はまだまだ続きます。民進党などに通報しても無駄、自民党に通報しても無駄。既存の政党は潰すしかこういうチンピラを排除することはできません!!!



(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:52| Comment(0) | 有田芳生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート