2017年06月21日

豊洲移転決定だが、最終的には豊洲頓挫、築地再整備となる可能性も!?

小池都知事の方針は築地を存続して豊洲も活用するというものでした。築地を守るとしながらも豊洲移転にGOサインを出していることに変わりはありませんので、常日頃から豊洲移転に反対を唱えている私としては小池批判に転じるつもりでしたが、ちょっと気になるところがあります。





豊洲 市場移転基本方針.jpg




記者会見を見た限りでは具体的な日時の区切りもなく内容も大まかな方向性だけしか示していません。元々自民党所属議員である小池都知事は豊洲移転容認派であり、豊洲移転を推進している公明党と選挙協力を打ち出していることで将来的には豊洲移転にシフトするのではと予想されていました。しかし来るべき東京都議会選挙対策において自民党都議の公約である豊洲移転and築地売却とは異なる政策にしたかったことは容易に推測できます。


公明党にも配慮し、共産党の顔色も伺いつつ、自民党とは違った独自の豊洲移転政策を打ち出すことで自身の政党である都民ファーストの躍進材料にしたかったと捉えています。両論併記で築地賛成派・反対派どちらにもいい顔をしておきたいという小池流の立ち回り方やしたたかさが垣間見える方針ではないでしょうか。


しかも世論調査を見るとこの小池プランに共感する声の方が高く、今週最新の世論調査を見ると小池都知事への支持は相変わらず圧倒的です。対抗する自民党は国政での森友・加計での対応の悪さが災いしていることもあり都民ファーストにとっては追い風となりそうです。


どの政党に投票するか.JPG




しかしこの方針に対してネットでは批判の声が多数寄せられており、豊洲移転賛成派はもとより反対派からも小池都知事への批判が集まり、市場関係者の移転推進派と反対派が一時小池潰しに共闘するという事態に陥りました。













移転賛成派からすれば豊洲移転延期に伴う無駄遣いを批判し、反対派からすれば豊洲の汚染問題もあり一時的とは言え豊洲に移転するなど冗談じゃないと批判し、市場関係者としては今後の先行きに不安を抱くのは当然であると言えます。


小池都知事が市場移転を政局として利用しているのは明確であり、都議選に利用しているのは間違いないでしょう。そのために都議選対策として取り繕うための移転表明と言えます。しかし豊洲移転を明言しておきながら移転の時期を含めたロードマップは今のところ明らかにされていませんし、選挙後に方針転換される可能性もあります。


要は豊洲移転に関してはいまだ玉虫色状態なのです。築地売却をせずに市場を残すとしたことで移転反対派からすれば収穫とも言えますし、すんなり豊洲移転が進むとは到底思えません。


会見でも指摘されているように汚染対策が不十分なことから追加工事を行うこととなっており、その工事の過程においては新たな汚染が発覚し、移転が先延ばしされる可能性があります。また汚染問題だけではなく市場維持による年150億円とも言われる赤字問題や耐震問題、道路で分断されているなどの使い勝手の悪さが指摘されています。


移転が決定したとは言え、豊洲市場への移転がすんなり決まるとは到底思えません。むしろ豊洲の欠陥がこれから露わになることで移転中止という線も想定されます。小池都知事は両方にいい顔しながらもどちらかと言えば築地にシフトした物言いでしたから最終的には築地再整備という線を狙っているかも知れません。勿論これは推測であり、買い被りすぎだと捉えられるかも知れません。ちなみに私は小池支持者でも都民ファースト支持者でもないです(笑)



ともかく移転反対派にとっては諦めるのはまだ早く、付け入る隙が十分残された案と言えるのではないでしょうか。




(スポンサードリンク)




posted by yuuponshow at 23:58| Comment(0) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

禁じ手を使い共謀罪を成立させた自民党は今後の党運営に暗い影を落とすことに

今週、夜通しで行われたテロ等準備法罪の審議が紆余曲折を経てようやく可決となり、法案成立の運びとなりました。テロ準備法案というか新聞紙面でも共謀罪と書いていますので共謀罪に統一しますが、私はこの法案に関しては賛成の立場なのでこれはこれで良かったと思っていますが、その法案成立までの過程には非常に憤っています。






与党の言い分からすれば審議時間は十分置いておきながら野党は森友や加計の脱獄疑惑の追及ばかり、それに加えて首相や閣僚に対する問責決議の乱発もあり、まともに審議ができない状況だったことは理解できます。それに来月の東京都議選に備えて選挙対策も行わなければならないので会期の延長はしたくなかったでしょうから法案成立に急いだのはある程度理解しています。



しかし法案は本来法務委員会審議を経て行うべきが、中間報告という禁じ手を使い委員会審議をすっ飛ばしたのはやり過ぎであり、今後に禍根を残すことになるでしょう。委員会を省略する中間報告は過去数例ありますが、今回の行使は政権による自己都合であり決して肯定できる理屈にはなりません。

中間報告.png


共謀罪の是非は国民世論を二分しており、野党の妨害があっても辛抱強く審議を経るべきでした。正規の過程を経ていればまだ納得できたでしょうし、数の論理でいけばいずれは法案を通すことは可能なはずです。しかしこんなことをしては国民の法案や与党への不信感が募るばかり、恐らく今後の支持率にも影響してくるでしょう。



そんな状況を知ってか知らずか自民党議員のおごりとも言うべきかこのようなツイートがありました。





太鼓の音とは国会の前で行われている共謀罪反対を訴えている左翼連中のことを差しているのでしょうが、保守の中にも共謀罪に関しては否定の声もあり、反対の声がすべて太鼓の連中とレッテルを貼った長尾たかしにこのような怒りのツイートをしています。








更には国会において共謀罪を揶揄するような神経を逆なでする信じられないヤジを飛ばした議員もいたようです。






自民党からなのか分かりませんが、こういう無神経なヤジを飛ばせるほど国会議員としての資質が劣化しているのでしょうか?そう考えると非常に恐ろしいです。



中間報告という禁じ手を使いようやく成立してホッとしているのでしょうが、この禁じ手行使は国民世論の反発を買い、確実に自民党政権に暗い影を落としていくことになるでしょう。


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 15:55| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

コンパクト五輪はどこへ!?巨大利権に蝕まれる東京五輪

56年振りに日本で開催されることになった東京オリンピック。ところが財政的に大きな歪が生じています。





立候補時点では7300億円と見込まれていた大会予算ですが、それだけでは収まらず2.5倍の1.8兆円にまで膨らみそうです。しかもこれは3兆円まで膨らんでいた予算をIOCの要請で削減したもので、このまま放置していたら経費は4倍にまで膨らみかけていたことになります。恐らく1.8兆まで抑えられずに更なる経費が上乗せされることが予想されます。


そもそも東京五輪を招致する際に石原都知事はコンパクト五輪と称して既存の施設を再利用するといってきました。ところが五輪誘致が決まると新国立競技場だの競技施設建設だのと話が持ち上がり開催費用はどんどん膨らんでいきコンパクトどころではなくなったのです。


日本でオリンピックが開催されることは喜ばしいことですし、やるからには国を挙げて応援といきたいところですが、当初のコンパクトという概念から大きく逸脱した五輪となるのは非常に残念です。しかもそれ以上に深刻なのがこれだけ掛けてきた予算は五輪という短期間での開催のための予算であり、施設を取り壊すなどで後に繋げることができません。以前の東京五輪は上手い具合に競技施設を活用できましたが、当時は高度経済成長の真っただ中だったこともあり、成熟した日本で施設の再活用や維持は到底思えません。



国を挙げてと国威掲揚を促して五輪利権を掌握する組織委員会の方針は金に糸目をつけないようで会長の森喜朗はこのようなことを言っていましたよね。こんな金銭感覚が麻痺している連中が牛耳っている五輪組織委員会ですから青天井になるのは目に見えていました。


森喜朗 たった2500億円.png





これまでの開催地では五輪後の財政破たんにより施設を維持できず無残な残骸と化した施設を抱えている都市が数多くあります。






           
アテネ野球競技メインスタジアム


アテネ 野球場.jpg



こうした弊害をもたらす商業五輪を見直し金のかかる五輪は根絶しなければなりません。東京五輪を推奨した石原慎太郎元知事や自民党都連を始めとした金食い虫共に蝕まれることになりかねない利権構造は決して景気の良くない日本に大きな痛手を被ることに繋がります。





猪瀬元都知事のこの言葉に騙され、金のかからない五輪と我々国民を騙してきた結果、史上最もお金の掛かる五輪となるかも知れません。五輪の建設が遅れるとか抜かして小池都知事の尻を叩く自民党やそのシンパですが、本来の本質を辿って行けば責められるべきは自民党そのものなのです!!!


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:25| Comment(0) | 東京オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート