2017年06月28日

メディアや野党の攻勢に頭にきた安倍総理がぶち上げた獣医学部の全国展開

加計学園問題に関してこれまで問題なしとしてきた官邸側ですが、そもそもこの騒動が大きくなった理由は官邸の初動ミスや対応の後手後手が原因です。マスコミは連日批判を展開し続けている中で、突っぱねてきた官邸側も業を煮やした形で安倍総理は驚くべき政策をぶち上げてきました。







特区として内閣府が取り組んでいる獣医学部新設を全国展開にするという獣医師を目指す方にとっては資格取得がしやすくなるという素晴らしい政策をぶち上げてくれました。・・・ってなるかよアホ(#゚Д゚)


獣医師の数については不足していると言う声もあり、十分足りていると言う声もあります。ただ全国を見渡してもその資格で生業としている人はごく限られているという現実がありますからこれまで学部新設を規制してきたという事も頷けます。


ではこの獣医学部の全国展開宣言は一体どういう意図をもっての発言なのでしょうか?まさかこの動画にあるように「あまりに批判が続くから  頭に来て言ったんだ!」 という事になったのでしょうか。










国家戦力特区は地域経済の振興と国際競争力を高めるためにそれまで規制を緩める制度です。これだけでは分かりづらいですが、要は規制改革を一地域に広めてそこで成功すれば全国展開にしていこうというものです。
この獣医師会を全国展開にするというのはまだ成功事例がないにも拘わらず、頭にきたという理由で行われるという国家戦略特区の前提を無視しようとしているのです。


こういう事がまかり通るとどうなるのか?有名なところではタクシーの規制緩和があります。タクシー業界に多くの企業が参入しました。元々タクシーの利用客は不況もあり利用者が減少傾向にあったのに供給が増えたことで客の取り合いになり一社辺りの売上は減少、賃金の単価も下がってしまいました。タクシーだけなくバスもそうだし、弁護士も、歯医者も、みんな「規制緩和」でヤラれました。こぞって構造不況業種に転落し、永遠の不景気に突入。そして今度は獣医です。度の過ぎる規制緩和の弊害は確実に起こるのです。



加計学園にしても90億円も投じて今治に獣医学部のキャンパスをつくっても全国展開されては学生を集めることが難しくなります。元々四国に獣医学部がないから認められたようなものなのに今治ではなく都市部に獣医学部を新設されては160名とされる募集枠は埋まることはなくなり。経営が厳しくなることは避けられません。安倍ちゃんのお友達のはずなのに保身のよる方針転換で切り捨てられるとはあまりに酷過ぎます。


これで疑念は払拭できたと喜び勇んでいる自民党支持者、安倍信者ですがこのような弊害をもたらすことを予見できないのでしょうか?







ご存知fuzita2016クンもその取り巻きと共に全国展開されることに何が不満があるのかと述べていますが、先の弊害を読めないのかこの連中の安倍シンパぶりは相変わらずですね(^_^;)









そうこう言う間に、安倍ちゃんを貶める新たなキーパーソンが身内から現れました。






苦肉の策の全国展開で乗り切ろうとしたものの、次から次へと難題が舞い込んでくるのは安倍政権自体が詰んでいるあらわれではないでしょうか。豊田真由子はともかく、稲田朋美は安倍第二次政権発足から閣僚を歴任しているいわば懐刀的な存在です。ですので稲田を切りたくはないところでしょうね。しかし保守層からも稲田の発言はフォローできないようですから安倍総理の苦悩は更に増してくるものと思われます。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:55| Comment(0) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

政権を追い詰めるキーパーソン続出で安倍政権の終焉は近い!?

今年の2月に勃発した森友学園問題の籠池理事長から加計学園の前川善文部科学大臣、安倍総理と懇意にしていたジャーナリストからレイプされた伊藤詩織といった安倍政権を貶めるキーパーソンが次から次に出現しています。正直言ってよくこれだけ濃いメンツが短期間の間に連なって出てくるものだと関心していますが、こういう連鎖が起こると身内の不祥事を引き起こすことになるのでしょうかね。






豊田真由子議員の「このハゲーー」「ち・が・う・だ・ろー」はしばらくメディアで賑わしそうです。政権は迅速に離党させましたが安倍チルドレンという事実は覆すことはできませんので、今後も政権批判の材料として扱われることになるでしょう。豊田議員に関しては園遊会で実の母親を出席させようとして宮内庁の職員と押し問答の恫喝をしたことで当時批判されていたのですが、その後文科政務官に抜擢されています。






園遊会での不祥事がありながら政務官に抜擢とは安倍総理の任命責任として追及されても当然です。部下に対する罵倒だけならまだ良かったのでしょうが、娘を〇すとか言っては議員どころか人としての資質などありません。即刻議員辞職すべきです!接待漬けで囲っていたはずのメディアもさすがに擁護ができない酷いレベルですから安倍政権にとって痛恨のダメージとなることに間違いはありません。



豊田議員だけではなく、二重婚の中川俊直議員や不倫の宮崎謙介元議員、セクハラの大西英夫議員と不祥事議員の温床と化している自民党という政党。これは自民党に限らず特定の政党が勢力を拡大しすぎるとこのような弊害が起こることになるのです。候補者個人の資質ではなく政党の看板で判断して票を投じてしまうとこういうことになるのです。



話を森友・加計問題に戻しますが、政権も深刻に受け止めず高を括っていたことも問題です。正直私もこれが長引くとは思いませんでしたが、今だに騒動となっている原因は「私が関わっていたら・・・」という初動での対応の誤りと、次から次に明らかにされるリーク文章での対応が後手後手となったからです。正直くだらないことなのですが、政府の対応の拙さが騒動を拡大させたと言えます。


この流れを見ると第一次政権の終焉に似ています。絆創膏やら何とか還元水やら政治に全く関係ないところで焚きつけられ、決め手となったのが「最後の一人までお支払いしていく」と言いながら結局その公約も果たされぬまま有耶無耶にした年金問題。


安倍 最後の一人まで年金.JPG



これが原因で2007年の参院選に惨敗し、安倍総理は体調を崩しての退陣となりましたが、関わっていないなど大見得をきった現在進行形の森友・加計と一次政権での年金問題とがリンクしているように見えます。


ここ最近、メディア間で安倍総理の思わしくない健康状態の噂が広まっているようですが、歴史は二度繰り返されるということになるのでしょうか。五年に及ぶ長期政権に今、黄信号が灯っているのは間違いありません。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:00| Comment(0) | 安倍政権批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

豊洲移転決定だが、最終的には豊洲頓挫、築地再整備となる可能性も!?

小池都知事の方針は築地を存続して豊洲も活用するというものでした。築地を守るとしながらも豊洲移転にGOサインを出していることに変わりはありませんので、常日頃から豊洲移転に反対を唱えている私としては小池批判に転じるつもりでしたが、ちょっと気になるところがあります。





豊洲 市場移転基本方針.jpg




記者会見を見た限りでは具体的な日時の区切りもなく内容も大まかな方向性だけしか示していません。元々自民党所属議員である小池都知事は豊洲移転容認派であり、豊洲移転を推進している公明党と選挙協力を打ち出していることで将来的には豊洲移転にシフトするのではと予想されていました。しかし来るべき東京都議会選挙対策において自民党都議の公約である豊洲移転and築地売却とは異なる政策にしたかったことは容易に推測できます。


公明党にも配慮し、共産党の顔色も伺いつつ、自民党とは違った独自の豊洲移転政策を打ち出すことで自身の政党である都民ファーストの躍進材料にしたかったと捉えています。両論併記で築地賛成派・反対派どちらにもいい顔をしておきたいという小池流の立ち回り方やしたたかさが垣間見える方針ではないでしょうか。


しかも世論調査を見るとこの小池プランに共感する声の方が高く、今週最新の世論調査を見ると小池都知事への支持は相変わらず圧倒的です。対抗する自民党は国政での森友・加計での対応の悪さが災いしていることもあり都民ファーストにとっては追い風となりそうです。


どの政党に投票するか.JPG




しかしこの方針に対してネットでは批判の声が多数寄せられており、豊洲移転賛成派はもとより反対派からも小池都知事への批判が集まり、市場関係者の移転推進派と反対派が一時小池潰しに共闘するという事態に陥りました。













移転賛成派からすれば豊洲移転延期に伴う無駄遣いを批判し、反対派からすれば豊洲の汚染問題もあり一時的とは言え豊洲に移転するなど冗談じゃないと批判し、市場関係者としては今後の先行きに不安を抱くのは当然であると言えます。


小池都知事が市場移転を政局として利用しているのは明確であり、都議選に利用しているのは間違いないでしょう。そのために都議選対策として取り繕うための移転表明と言えます。しかし豊洲移転を明言しておきながら移転の時期を含めたロードマップは今のところ明らかにされていませんし、選挙後に方針転換される可能性もあります。


要は豊洲移転に関してはいまだ玉虫色状態なのです。築地売却をせずに市場を残すとしたことで移転反対派からすれば収穫とも言えますし、すんなり豊洲移転が進むとは到底思えません。


会見でも指摘されているように汚染対策が不十分なことから追加工事を行うこととなっており、その工事の過程においては新たな汚染が発覚し、移転が先延ばしされる可能性があります。また汚染問題だけではなく市場維持による年150億円とも言われる赤字問題や耐震問題、道路で分断されているなどの使い勝手の悪さが指摘されています。


移転が決定したとは言え、豊洲市場への移転がすんなり決まるとは到底思えません。むしろ豊洲の欠陥がこれから露わになることで移転中止という線も想定されます。小池都知事は両方にいい顔しながらもどちらかと言えば築地にシフトした物言いでしたから最終的には築地再整備という線を狙っているかも知れません。勿論これは推測であり、買い被りすぎだと捉えられるかも知れません。ちなみに私は小池支持者でも都民ファースト支持者でもないです(笑)



ともかく移転反対派にとっては諦めるのはまだ早く、付け入る隙が十分残された案と言えるのではないでしょうか。




(スポンサードリンク)




posted by yuuponshow at 23:58| Comment(0) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート