2017年05月10日

豊洲積極移転派でストーカーじみた迷惑なアカウント

築地市場移転問題関連のツイートを観察していると、移転推進派と反対派が意見や主張をぶつけ合う場面を見掛けます。豊洲移転云々の是非はともかく、こうした意見の違う者同士の議論というのは刺激的であり、それまで知ることのなかった新たな情報を知ることもありますのでこうした主張のぶつけ合いはどんどんやるべきであると思うのですが、これが度を過ぎると迷惑行為でしかありません。


著名な移転反対派はもとより、無名のアカウントに対してもわざわざ出向いて粘着するストーカータイプの移転推進派のアカウントを紹介致します。

下地.PNG



















いかがでしょうか?このアカウントを観察すると手あたり次第に豊洲反対者のアカウントにリプを送っているのが分かります。たまに相手してあげると次々と質問を投げかけるの繰り返し、要は暇人なのですが、はっきり言って時間を無駄にしてしまうブロック推奨アカウントです。


意見の相容れない者に対して罵詈雑言を浴びせるのも問題ありですが、こういうのはリプを返された相手も傍観者もウザがられるだけです。それを本人は勲章と思っているのかこのようにブロックスクショをとって誇らしげにアピールしているのですからかなり痛いアカウントです。






そしてこの@sagechin_MRの特徴は相手に質問責めをして、堂々巡りの不毛なやり取りをして相手を疲弊させる戦術のようですから遂にはこのように要注意人物として注意勧告される始末。







こういうのは相手にすると不毛な時間のロスを食うばかりで時間の無駄。もはや病的気質を持ったストーカーです。



こういうのを見てると移転推進派というのはあまり余裕がないのかなと感じます。論もない癖に反目するアカウントに突っ込みを入れてもウザがられて嘲笑されることを自覚した方がいいのですが、ブロックされたことを勝ち誇る哀れなストーカー気質の豊洲移転派のアカウントには理解できないでしょうね(^_^;)

(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:48| Comment(2) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

東京オリンピック前後に首都圏の主要施設が閉鎖されることをご存知ですか?

2020年に行われる東京オリンピック、世界最高峰のスポーツイベント開催とあって日本中が五輪開催に期待に胸膨らましていることでしょう。しかしこの東京オリンピック開催において大きな弊害があることをご存知でしょうか?


東京オリンピック・パラリンピック開催期間中である2020年7月〜9月は首都圏の主要施設が資材置き場として利用されることから使用禁止となってしまうのです。使用禁止とされている会場の一つである神宮球場はヤクルトスワローズの本拠地である他、大学野球のリーグ戦として使用される野球のメッカです。それが三か月の間使用禁止となると大きな経済損失に繋がります。ちなみにこのオリンピック期間中はプロ野球やJリーグも中止になるようです。



東京オリンピック開催は喜ばしいことですし、国威掲揚の一貫として成功してほしい気持ちがありますが、果たしてそれと引き換えに各スポーツ競技場や商業施設をオリンピックの犠牲の元に使用禁止にしていいものか非常に疑念を抱かざるを得ません。



それだけではありません。オリンピック開催期間中だけではなくその前後長期間に渡って会場が制限される施設もあるのです。


東京ビッグサイト.jpg







東京ビッグサイトは、世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット」など大規模なイベントが多数開催されている会場。2019年〜2020年は東京オリンピック・パラリンピックの関連施設として使用するため、展示・イベント施設として一般利用できないことが問題視されてきました。経済的に5兆円の損失になるとして代替案への署名を求める特設サイトを開設しています。


東京ビッグサイト 利用期間.png



まさかオリンピックのためにこれだけ長期間に渡って使用禁止もしくは制限されるとはオリンピック開催が決まった頃誰しも想像していなかったのではないでしょうか?



こうした施設制限の弊害もありますが、それだけではなく費用面においても問題視されています。当初のオリンピック招致のための予算は3000億円とされていましたが、いつの間にか6倍の1.8兆円に倍増しているのです。








既存の施設を使いお金を無駄にかけないコンパクト五輪を掲げておきながらいつの間にか史上最高級に予算が膨らんでしまった東京オリンピック。過去に開催された各国での五輪会場や施設が廃墟となっている現実を見れば過剰投資を招く昨今の商業五輪がその後の弊害を招いている現実を見ればオリンピック・パラリンピックの運営の在り方も含めて全世界で見直す時なのではないでしょうか。



国威掲揚の目的でイケイケどんどんで推し進め湯水の如く税金を垂れ流し続け、賄賂まで渡すなど無計画無責任体質極まりない森喜朗を始めとする招致組織委員会の体質も糾弾されるべきであると考えます。



(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 17:04| Comment(0) | 東京オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

増税の権化、与謝野馨自民党復党で消費税増税は既定路線に

いつの間にか与謝野馨が7年振りに自民党に復党しましたが、除名までしておきながらなぜこのタイミングで復党できたのか謎です。まー緊縮増税路線まっしぐらの自民党ですから増税推進論者である与謝野の復党は特に不思議ではありません。国民を欺くための知恵袋として復党させたのではないかと勘繰りたくなります。







ここで与謝野馨が自民党を離党する経緯をおさらいしておきます。自民党政権において閣僚や官房長官を歴任していた与謝野ですが2009年の総選挙において民主党(現民進党)に政権交代となってからは政権を失った当時の自民党執行部へ批判を行うようになり翌2010年に平沼赳夫と共に新党「たちあがれ日本」を結成しました。


その際に一部の自民党議員へ離党を促していたことから除名処分となった訳ですが、立ち上がれ日本に属した後も与謝野はトラブルの種となる民主党政権との連携を模索したことで、それが党内から反発に遭いたちあがれ日本を離党することとなりました。それから民主党の会派に属し、そのまま民主党政権の閣僚を歴任することとなりました。



それまで消費税増税に否定的だった民主党が消費税増税へシフトしたのは与謝野の存在も大きかったと言えるでしょう。与謝野は消費税増税なくして社会保障は守れない と述べているように一貫した消費税増税論者なのです。この与謝野を重用した民主党政権では経済財政政策担当大臣を担うなど民主党の増税路線に舵を切る中心的役割を担っていました。


この与謝野も民主党政権の陥落と同時に政界引退となった訳ですが、その後、自民党への復党を懇願をします。一度裏切っておきながらこの節操のなさには呆れますが、この陰では自民党の区議、都連からの働き掛けもあったようで一度除名となったにもかかわらず復党が認められることとなりました。



国会議員ではなく単なる党員という身分ですが、自民党という政党は森元総理など見れば分かりますが、元総理や閣僚経験者などの重鎮にはもの凄く配慮する政党です。与謝野もそれをいいことに政権への注進は積極的に行うことになるでしょう。特に消費税増税の必要性を自民党政権に執拗に訴えることになるのは容易に想像できます。



何度か増税を見送り延期としてきたもののいい加減に増税を決めてほしいとの声は自民党内からあがります。与謝野の復党を認めた自民党は今度こそ本腰を入れて消費税増税に邁進することになるでしょう。あらゆる指標を小細工して景気の悪化を誤魔化している自民党政権ですから与謝野復党が増税のための布石と捉える節があることは間違いありません。



野党(特に民進党)のスタンドプレイのおかげで批判が広まらない自民党ですが、その隙に虎視眈々と国民を窮する悪政が進行していることを日本国民は理解しておかなければなりません!


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:50| Comment(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート