2017年05月20日

森友・加計学園問題を再度蒸し返すも無様に自爆となった野党とメディア

本日、衆議院法務委員会においてテロ準備罪法案(共謀罪)が可決しました。これから本会議を経て参議院に送られ成立となる見通しですが、共謀罪については法解釈が曖昧で不透明な部分があるのでは?という懸念の声もあり与野党で議論を尽くして国民への理解を求めるべきではなかったかなと思います。

しかし野党は共謀罪の審議そっちのけで森友と加計学園問題に時間を費やしで安倍の首をとることに躍起になっていましたからこうなることは致し方ない部分もあります。共謀罪での追及は無理だから森友・加計で安倍退陣を目論んだのでしょうが、見事に失敗となりました。


この森友・加計問題については検証するのもアホらしいのです。なぜならば、これは政権だけではなく関係者や自治体を巻き込んでしまいひいては運営する学校法人へのイメージ悪化に繋がるからです。安倍と繋がりがあるからとかそんな単純な問題ではなく、いきなりテレビで疑惑あり気で捲し立てられたらどうなるかは想像がつくでしょう。確たる証拠も突き付けられず忖度がありそうとかそんな決めつけされては何もできる訳がありません。

そんな森友・加計問題もここ最近は下火になっていましたが、今週初めに蒸し返す形で朝日新聞がスクープ記事としてトップで報じました。






加計学園の獣医学部の新設が総理の意向であると報じたものですが、出所元が分からない公文書で怪しさ満点です。


この怪文書なる公文書の存在を明らかにした民進党・玉木雄一郎議員はこれを元に追及すると息巻いていましたが公文書の出資元を明らかにせず、関係者へのヒアリングでは文章の存在を否定される有様。ならば出資元の提供者や公文書の出所を玉木が明らかにするべきなのですが、それについては返答していないのです。それに仮に本物だとしてもこの内容では事件性や違法性を追求できません。


加計問題で追及している最大野党の民進党ですが昨年、民進党の高井たかし議員が家計学園への獣医学部新設を地方創生委員会において当時の石破担当大臣に訴えていたのです。これこそまさに意向であり民進党の要望通りになったのに疑惑追及するとか訳がわかりません。





そしてスクープとして一面に掲載した朝日新聞も森友や加計騒動前には獣医学部新設は地域おこしに繋がるとしてこのような記事を掲載しているのです。





疑惑を追及する側がこれでは整合性がとれませんし、政局のために騒動を起こしているだけに見えてしまいますね。



野党からすれば学校法人への土地取得を巡る取引に安倍が関与していたら総理はもとより国会議員も辞めるという言説を元にしつこく追及していたのでしょうが、これで退陣に追い込めると本気で考えているなら時間の無駄です。贈収賄ならばともかく忖度では、罪にはならないし言質もあいまいにされて逃げられるに決まってるでしょうが!!


もうね、いい加減にしなさいって言いたいですよこの問題。野党もメディアもここ数か月の間、これしかないと言わんばかりに全力投球でしたが、もっと違う局面で安倍政権を揺さぶることはできるでしょう。こうした流れを見ると与党も野党もロクな政党はないなと痛感させられます(-_-;)

(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 17:12| Comment(2) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

景気拡大「バブル」超え、だがアベノミクスを唱える与党政権を揺るがす不平分子の存在

メディアでは第二次安倍政権発足以来の景気回復がバブル期を超え戦後3番目の長さになるとの大本営発表がなされております。この手の景気高揚感を煽る官邸主導のメディア戦略など信用に値しないものと誰でも分かることなのに空しくならないものなのでしょうか?


景気拡大 4年4月.png


4月にもこのブログで景気回復報道について取り上げましたが、参照:2017年04月06日 アベノミクス景気がバブル超えとか何かの冗談? URL)安倍政権の恩恵により、景気回復となったことを世間にアピールしたいところなのでしょうが、ここに来て政権与党自民党内からそういう楽観視はしておらずむしろ危機感を募らせています。





※上記リンク記事より抜粋

自民党に、アベノミクスに否定的な議員の勉強会が発足しました。

自民党・野田前税調会長:「危機状況というか、財政破綻ということがどういうことにつながっていくのか、足音が聞こえてきている状況下にある」政府が掲げる2%の物価上昇の目標が達成できないなどアベノミクスの限界が指摘されるなか、大胆な金融緩和政策に否定的な議員が勉強会を立ち上げました。16日に行われた初会合では日本の財政や金融をはじめ、社会保障制度の立て直しについて議論が行われました。安倍総理大臣の憲法改正発言で揺れる自民党内からアベノミクスに対する不満も噴出した形です。



アベノミクス 不平分子.png


消費税増税の権化である野田毅が音頭をとってアベノミクスの是非を問うとは笑止千万です。そもそも景気悪化の最大要因である消費税についての総括がなされていないのにそれに触れないようでは役に立ちそうもありません。それにしても今こそ一体となって自民党の組織の結束力を見せつけなければならないはずなのに政権を批判する勉強会を発足させるとは穏やかではないですね。しかしアベノミクスという虚構を今だに主張している政府に対して、自民党内で問題視しているということは自民党も一枚岩ではないということが露呈された形となりました。


2%の物価目標を掲げておきながら4年経っても成果なし。それどころかデフレに逆戻りして景気悪化しているのですからお話になりません。景気高揚を謳うのであればマイナス金利&金融緩和を止めてみればよろし。できるかな?今の状況でできる訳などないでしょう。なぜならば不況の真っただ中にそんな事をすれば途端に円高株安に引き戻され張りぼての景気であることがバレるからです。



しかも実質消費が13か月連続減とかどこの後進国だよって感じですよね・・・





いまだ景気回復のめどが立たないのに景気高揚を装うフェイクニュースを流させる安倍政権ですが、自党の不平分子からの突き上げによっては政権崩壊もそう遠くない未来なのかも知れません。


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 22:41| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

日韓合意破棄は確実、屈辱的失政を仕出かした安倍政権はどう落とし前をつけてくれる?

朴槿恵前大統領の弾劾に伴い空位となった韓国の大統領選挙が行われた結果文在寅(ムン・ジェイン)が大統領に選出されました。この文在寅は韓国で言う急進左派であり親北朝鮮政策を唱える一方、日本に対しては反日思想を抱く厄介な人物です。


ムン・ジェイン.jpg


それを裏付けるこれまでの行動を見れば明らかで2016年7月26日に日本の領土である竹島に足を踏み入れています。日本の国土である竹島へ韓国側からの上陸は日本からすれば不法侵入にあたる行為をやっているのです。





日韓合意においても日本側に見直しを迫る選挙公約を掲げるなど日本への敵対心むき出しの行動をとっており、大使館や領事館前に置かれている慰安婦を容認する姿勢をとっています。これウィーン条約違反なのですが元弁護士でありながら国際法違反も厭わず韓国世論に阿る典型的な韓国大統領と言えますね。


この男を日本が国賓として招くなどあってはなりませんが、一国のトップである文と日本側が接触することもあるでしょう。特にひと悶着ありそうなのが首脳会談です。来日なんてことになれば日本の保守勢力は竹島への不法入国者として厳しく糾弾するでしょうし、それを許した日本政府への批判へと発展するでしょう。また逆に日本政府が韓国首脳と会うために訪韓となっても然りですから非常に厄介な人間が大統領になったものです。



日韓合意については2015年12月に最終的且つ不可逆的として合意したものの、合意内容から韓国国内の反発もあり文政権で見直しを迫ることは確実です。手切れ金10億円を貢いでも再び慰安婦問題を蒸し返されては日本側の立つ瀬はありません。


日本は今年1月に慰安婦像を撤去されないことへの対抗措置として韓国大使を召還させましたが、3か月後に何事もなかったかのように帰国させました。前大統領弾劾による韓国国内の内政混乱と北朝鮮の緊迫した情勢による情報収集という名目と謳っていましたが、これらが一旦終息したならまた召喚させるべきではないのでしょうかね?


この合意を取り持ったとされるアメリカのオバマは大統領を既に退任しており、仲介者無き日韓合意は全世界から韓国に対して条約白紙要求を糾弾されることはなく、逆に忠実に遵守する日本政府が馬鹿を見るだけになりそうです。






こうなれば日本側から日韓合意の破棄を突き付け賠償金返還を求めるべきですが、それでも慰安婦と称される韓国人への謝罪と賠償をした事実は覆されることはありません。韓国以上に屈辱的な失政を仕出かした安倍政権はこの落とし前をどう付けてくれるのでしょうか?


(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 01:19| Comment(0) | 外交問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート