2017年05月31日

築地市場で汚染発覚、しかし豊洲に移転はできない理由

豊洲新市場の土壌汚染についてはこれまで散々述べてきましたが、今回現市場である築地でも土壌調査を行ったところ111ヵ所での調査地点のうち30ヵ所から基準値を超える汚染物質が検出されました。



豊洲 汚染.jpg



豊洲だけではなく築地も汚染物質が検出されたことで早急に対策を講じなければなりません。特に今回の調査は地表に近いところでの汚染物質が検出されたことで市場への影響が出るのは必至です。しかしながらこの状況にほくそ笑んでいるのが豊洲移転推進派の連中です。今回の調査で「それ見たことか!」と言わんばかりにこれまで豊洲の土壌汚染を煽られたことによる対抗心から築地への汚染を問題とし。豊洲移転しろと煽っています。


確かに築地から規定値を超える汚染物質が出ましたし、特に水銀は揮発性があるので深刻に受け止めるべきです。しかしだからと言って豊洲移転を早急にすべきとはなりません。なぜならば築地は江戸時代初期に埋め立てられたほぼ自然由来の土壌であるのに対し、豊洲は昭和の終わりまでガス工場跡地であり、ガスの製造工程から蓄積された化学汚染物質が地中に埋没しているのです。豊洲市場建築前のベンゼン濃度が基準値の43000倍であったことからも分かるようにいくら厚い岩盤を敷いたところで100倍を超えるベンゼンが出てしまったのは明らかに封じ込めに失敗したということです。6000億円もの大金を投じても無駄であったと言わざるを得ません。





そして豊洲には深刻な問題として建物の構造欠陥が指摘されています。






何と驚いたことに大型トレーラーの出入りが困難で出荷できないとのこと。これは市場プロジェクト・チームでも議題で取り上げられており指摘されています。



そして豊洲の建築物の耐震基準にも問題があるとの指摘もあります。





耐震基準は問題ないと報告されていますが、豊洲は軟弱地帯であることから杭をうたねばならず、その杭の検定比が不足していることも指摘されています。これだけ見ても早期移転など安易に促すべきではないことが分かります。


その他には市場内の道路が分断されており使い勝手が悪いこと。そして空調密閉施設の豊洲の維持管理費は年100億円以上にも上り、減価償却を見積もっても将来的な破錠は避けられないことになります。


こうした問題があるのにジャーナリストの有本香などは感情的ヒステリックに小池都知事をこき下ろし豊洲移転を促していますが、もし早期移転していたらこれらの課題点が後で浮き彫りにされ市場関係者が混乱することになったことでしょう。築地Disりに余念のない豊洲移転派の言い分は有本同様、感情的ヒステリックにしか聞こえません。この連中は石原や自民党都連を守ることしか頭にないので市場の使い勝手などどうでも良いのですから!!


仮に築地での操業が難しいのであれば仮移転という形で大田などいくつかの首都圏の市場を間借りして築地継続の線でいくのが望ましいと言えるのではないでしょうか。豊洲は地雷地帯であり避けるのが賢明と言えます。


(スポンサードリンク)


posted by yuuponshow at 18:40| Comment(2) | 豊洲移転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

加計学園文章リーク者の前川前事務次官の証人喚問はあるのか!?

安倍総理のお友達が運営しているとわざわざ前置きして安倍総理疑獄スキャンダルとしてメディアがひっきりなしに取り上げている加計学園騒動。しかし収賄疑惑ではない忖度だけでこれだけ騒動を巻き起こせるとは驚きです。これも安倍総理の「関わっていたら辞める」という言説を頼りに野党やマスコミが追いかけているという流れなのですが、政権公約破りの常習犯である安倍が関わっていたとしてすんなり辞めるタマでないというのは野党やマスコミは分からないのでしょうかね。しかし学園側からすれば相当な風評被害となり相当なイメージダウンに繋がりますからこの過熱報道モラルも糞もあったもんじゃないですね。


加計騒動で新たな登場人物として名乗り上げたのが前文部科学事務次官の前川喜平氏。スクープとして取り上げられた謎の公文章とやらをリークした人物です。記者会見まで開いて文章の内容は間違いなく、政権からの意向があったと発言していますが、何せ登場人物が森友の籠池氏と同様、癖のある人物であり、お茶の間を賑わすエンターティナーとしての要素満載ですね。


前川喜平.PNG


しかもこの前川前事務次官過去には官僚の天下り問題を引き起こした中心人物であり、就職先あっせんの口利きしていたことが発覚して退任しています。それに読売新聞からは過去の出会い系バーへの出入りをすっぱ抜かれる始末。それでも野党と反安倍メディアからすれば安倍追い落としのためのキーマンだけに信頼したいところでしょうが、かつては反安倍側にあるメディアが役人の天下り問題で前川を非難していましたが、果たして彼の言葉を信頼して政権を追及できるのでしょうか?


前川次官8000万円.jpg





この前川氏と森友の籠池氏の共通点はエンターティナーとしての資質(笑)があるのは言うまでもありませんが、共に安倍政権から梯子を外されたことで失墜の目に遭いながら野党連合が救いの手を差し伸べていることです。それに証人喚問にも応じると強気であること。野党連合というバックボーンが背景にあるからなのでしょうが、相当な曲者であり政権側としては籠池同様に面倒くさい相手でしょうね。


そんな反逆者・前川氏に対し官邸や与党、政権寄りのマスコミが出会い系バーへの通い詰めなど個人攻撃をして品位を貶めています。





安倍をお支えする自民党工作員も怒り心頭で総力を挙げて前川潰しを敢行しています。











しかしのらりくらりとかわしてきた政府もここまでぶち上げられたら個人攻撃だけではなく籠池氏と同じく証人喚問せざるを得ないのではないでしょうか。ハッキリ言って籠池の証人喚問は政府側としては失敗でした。それまでの言いたい放題の籠池氏が偽証罪に問われる証人喚問では萎縮して発言が慎重になるかと思いきやそれまでと変わらない主張でしたから立つ瀬がないでしょう。この前川氏も証人喚問に応じる姿勢を見せており籠池と同じ強気一辺倒で押すことが予想されます。


安倍寄りのこの方もこのような発言をされており、証人喚問はもとかく参考人招致は避けられないのかも知れません。







こんなしょうもない案件で証人喚問や参考人招致をやるべきなのかは疑問ですが、政府も籠池を制裁目的で引っ張り出した以上右に倣えでやらざるを得なくなりそうです。そうなれば結果はどうあれ野党や反自民にかき回され政局は混迷を極めることになるのではないでしょうか。こうなると初動を見誤った安倍政権にも原因があると言わざるを得ません。
(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 18:00| Comment(2) | 森友学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

ヤジ将軍大西英男の古巣自民党都議会の体質

ヤジは国会の華という表現がありますが、あまりに愚劣で品のないヤジは不快でしかありません。自民党部会において2020年東京五輪に向けての都の受動喫煙防止法条例を推進させるための会合で自民党の大西英男衆院議員が、癌患者に対して「働かなければいい」と発言したことが波紋を呼んでいます。


大西 働かなければいい.jpg




この会合は東京オリンピック開催に向けて「たばこの規制を国際基準に照らし合わせて強めていきましょう」というもので、過度な喫煙抑制運動でありまったく看過できないものです。自民党の嫌煙派が主体になった会合に反発してのヤジを飛ばしたのでしょうが、こういう表現が適切な訳がありません。これにより大西議員は都議連の副会長を辞任することとなりました。



大西議員はヤジ将軍と呼ばれており、これまで度重なるヤジを飛ばす常習者であり何度も注意勧告を受けているいわくつきの人物です。


2014年4月の衆議院総務委員会において、大西秀男議員は上西小百合議員の質問中に

「まず自分が子どもを産まないとダメだぞ」



2015年6月の百田尚樹氏を講師に呼んで自民党での勉強会を開いた際にその「勉強会」である文化芸術懇話会で

「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番。経団連に働き掛けてほしい」



2016年3月の衆議院北海道第5区補欠選挙の応援で現地入りした際、神社の巫女から

「自民党はあんまり好きじゃない」と言われ
「巫女のくせに何だと思った」と発言した上に、
「巫女さんを誘って札幌の夜に説得をしようと思った」

 更に
「私の世話を焼いた巫女さんが20歳くらいだった。 投票が初めてだということだから、ひとつ口説いてやろうと思った」



大西議員のターゲットは女性に向けたものが多くセクハラが大好きなんでしょうね。厳重注意を何度も突き付けられても本人は反省の色はないようで、お詫びはしても発言の撤回はしないようです。今回さすがに都議会副会長を辞任したようですが、これまでの前科も含めてこんな生ぬるいケジメの付け方ではなく議員辞職するべきだと思うのですがね。


こういうチンピラをのさばらせておく自民党という政党の体質が良くわかります。しかも大西は悪名高きセクハラ暴言体質自民党都議会出身なのです。日頃から悪態を突くヤジを見れば納得です。議場で答弁をしている女性議員に対して一斉にセクハラヤジを飛ばす自民党の体質が染みついているのでしょう。

東京セクハラ1.jpg東京セクハラ2.PNG東京セクハラ3.jpg


この問題で自民党を離党した鈴木章浩都議でしたが、数か月後何事もなかったかのように自民党に復党しています。禊は済んだと勝手に思っているのでしょうね。







大西の古巣である自民党都議会は来る7月に豊洲市場移転を公約に掲げて東京都議選での過半数獲得を目指しているようですが、土壌汚染と構造欠陥、そして年間100億円もの維持費がかかる負の連鎖となりうる豊洲市場の移転を早期に移転せよと都知事に迫っているのです。自分達の既得権益のために市場関係者や都民を蔑ろにし、耳を傾けない連中ですから平気でセクハラや暴言を行えるのでしょう。


自民一強という現状ではこういう勘違い議員がのさばってしまうということになります。野党の体たらくもあり自民党所属というだけで当選してしまうようなクズ議員が数多く存在しているのは嘆かわしいことですが、こういう自民党の体質を取り上げることで有権者の意識が変わり自民党の逆風となることを願わずにはいられません。



(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 17:12| Comment(0) | セクハラヤジ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート