2016年07月30日

年金運用が昨年度5兆3000億の損失、追加緩和も効果なく日本経済の復興道険し

参院選挙の影響に考慮して運用額の発表を遅らせ、選挙を終えて終えてようやく発表されることになった昨年度2015年のGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による運用実績額は5兆3000億円の赤字となりました。

年金5兆3000億円赤字.png




昨年の7−9月はチャイナ・ショックの影響もあり、運用実績がマイナス10兆円近い損失規模となったことでGPIFと政府が批判に晒されたこともあり、今年度からは年に四期ごとの発表から年に一回の発表に切り替えました。長期運用しているのだから短期の損得を発表しても意味がないというのが建前のようですが、これは役人の言い分、我々国民が支払った財源なのだから短期周期で報告するのが当然のこと。しかも国民の承諾なく勝手に株に投ずる年金運用割合を倍に増やしたのですからね!!




GPIF 推移.png


これまでの年金運用の推移を見てみると昨年度ではマイナスとなったものの、トータルでは黒字です。一年くらい赤字でもトータルで見れば黒字なんだから目くじら立てるなよという意見もあるでしょうが、よく考えて貰いたいのが年金運用の割合を2014年10月より倍に引き上げているということ。つまり引き上げていなければ損失額を大幅に抑えられたということです。今年はEUショックもあり混迷を極める世界経済に左右されやすくなっているという状況を鑑みれば株価への年金運用割合を増やすのは相当なリスクがあり非常に危険と言えます。


年金支給は毎年の年金保険料の払い込みで毎年の年金の支給原資に充てているので、単年度決済になります。年によってはプラスの時もあればマイナスの時もあります。もしプラスになれば、年金積立金特別会計に繰り入れ、マイナスの年があれば、この積立金から取り崩しますので一年の運用失敗が元でですぐに支給が減らされる心配はありません。しかし少子高齢化が進むとその年金積立金も切り崩されるのは確実となります。これまでは払う人の方がもらう人より多かったので年金積立金も切り崩すことはありませんでしたが、今後はそうはいみません。ゆえに下手に大幅な運用損失を出し続ける訳にはいかないのです。


株式投資はいわば博打になります。確実に儲かるなどという上手い話ではありません。リスクのある株式投資の割合が全体の50%を占めるというのは異常です!また意図的に株価操作を行うことも可能なので実体経済に伴わない株バブルを生み出す要因となってしまいます。儲かれば良いというものではない、こんなバカな運用割合などすぐにでも改めるべきです!!

その実体経済の伴わない株価上昇を促すために日銀は黒田総裁就任から計四回目となる追加緩和を実施しました。今回はETF(上場投資信託)の年6兆円もの買い増しとなったのですが、なぜか株価は下落、為替もドルに対して2円以上もの円高となる事態に、この市場の予想外に反応についてはもはや緩和政策が賞味期限切れとなったとの分析もあります。頼みの株価上昇もならず下落してしまうとは黒田や安倍も相当頭を抱えていることでしょう。



これから先いくら金融緩和をしても国民消費を促すことに繋がらなければ話になりません。また消費税増税という最大最悪の劇薬が足を引っ張っていることにいい加減気付かなければ経済再生など安倍政権においては絶対無理と言わざるを得ないでしょう!!


(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 22:39| Comment(0) | 年金運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

自民党が工作員も巻き込んでのセクハラまがいの小池包囲網

今度の日曜日に投開票日を迎える東京都知事選挙において増田寛也候補を推薦している自民党ですが、推薦のない小池百合子候補が優位に選挙戦を進めている状況にありもはや雌雄を決した感があります。そんな中情勢をひっくり返すべく石原伸晃東京都連会長が小池百合子候補に対し、「もう自民党の人間じゃない!」と絶縁宣言を突きつけました。旗色の悪い自民党としては一世一代の勝負に出たのかここにきての小池斬り宣言です。


小池は自民の人間ではない.jpg


自民党都議連は自民党所属の議員が家族を含めて小池候補を応援すれば除名にするという強権力行使とも言える通達を出していますが、自民党本部も選挙戦終盤となり都議連に同調する形となりました。しかし自民党も絶縁宣言をしたものの、及び腰の自民党本部は小池氏を除名するまでには至らず。理由は簡単、このままでは小池が勝つ可能性が高いので選挙後に自民党都議連と共に批判の矢面に立たされることになる訳ですから党籍だけは残しているのでしょう。非常にあざといやり口です。


このノブテルの絶縁宣言に呼応した形でお父ちゃんの石原慎太郎まで出てきて小池百合子に対して「厚化粧の年増には任せられない」と発言をしています。





不憫な息子のために何とか力になりたいという気持ちは分かりますが、女性蔑視が過ぎるようで日本全国の女性有権者からの反発を買っています。増田候補を応援するのは良いのですが、お年を召せられたからなのか理性を制御できなくなったようで自身の名誉にも傷がつく形になっちゃいましたね(^_^;)



この自民党の絶縁宣言で自民党関連のツイッターやフェイスブックのSNSは大炎上しています。




安倍ちゃんの増田応援声明の画像までアップされ自民党への批判が更に高まっているようで、選挙最終日には安倍総理自ら街頭に立ち、増田寛也候補への支持を訴えるとの情報も入っています。

安倍ちゃん増田応援.png


この光景、前回の都知事選でも舛添推しで自民党が批判に晒されましたが、それと似たような状況となっています。 「舛添さんしかいないではありませんか!」と自信満々に聴衆に訴えかけた安倍総理。舛添を推したことによる責任も果たさないまままた同じセリフを吐いてくれるのでしょうか?


こうした後手後手の自民党に助太刀をせんと自民党工作員のツイッターアカウント@fuzitaクンがこのようなまとめを作っています。要は増田age小池sageしたいようですが、世論が小池に傾いていることから小池へのDisり方もいまいち弱いようで、安倍ちゃん命の割に肝っ玉が小さいようですね(≧▽≦)



fuzitaクンの稚拙なtogetterまとめ(笑)


安倍総理&石原閣下が増田支持を表明!阿鼻叫喚の小池陣営の巻♪ (URL)



ともかく今度の日曜日に雌雄を決する東京都知事選、結果はともかくこの自民分裂騒動が今後どのような余波を巻き起こすのか楽しみではあります。





(スポンサードリンク)





posted by yuuponshow at 23:20| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

党利党略が墓穴を掘ることに・・・神輿の選定がまともにできない野党連合

週間文春に今から十数年前に自ら起した淫行疑惑をすっぱ抜かれた鳥越俊太郎候補。事実無根だと掲載した週刊文春に告訴に踏み切るなどの対応していますが、選挙戦が佳境となってる大事な時期に女性絡みのスキャンダルを報じられるというエグイ仕打ちをされてしまい、もはや選挙どころではなくなった状況であると言えます。





それにしてもバツの悪いのはスキャンダルを報じられたご本人よりも鳥越俊太郎を担ぎ上げた野党連合の方ではないでしょうか。

鳥越 野党共闘.png

先の参議院選挙と同様、東京都知事選でも野党連合の統一候補を擁立することになったのですが、候補者選定に難航を極め、野党の国会議員からタレントの名前が挙がっては消えていき、結局どういう基準かは分からぬまま公示直前になってギリギリで決まったのが鳥越俊太郎候補でした。



これにより割を喰らったのが、既に立候補表明をしていた弁護士の宇都宮健児氏。前回は共産党の推薦で立候補したのに今回は共産党が野党連合に加わっているため鳥越を推す事になり宇都宮氏は立候補を取り下げる事態となりました。

この件については宇都宮陣営にかなり嫌がらせが横行していたとの情報もあり、それが本当であれば立候補の自由を阻害する行為であり断じて許されることではありません!






宇都宮氏の出馬断念でリベラル層の支持を一手に取り込めるはずだった鳥越候補ですが、東京都知事選でありながら憲法問題を引き合いに出して安倍政権批判ばかりで都政についての具体的な政策が一切ありません。

おまけに選挙演説ではやる気のない体調もあってか一分足らずで終われせるなどやる気のなさを露呈しています。炎天下の中、鳥越氏の演説を聞きたいと集まってきた支持者はこの不誠実な対応に怒りを爆発される事態に発展したのです。



ふてくされて非難を浴びせる観衆に向かって「(鳥越候補に)投票しましょうよ」と憤りを堪えて切実に訴えるおばちゃんを見て気の毒になります。こんな有権者を蔑ろにする候補者を擁立しているのですから今回は明らかに人選ミスであり非難されるべきは名前が知れていると易々と候補者に祭り上げた野党連合の責任です。


ところで鳥越スキャンダルと同時並行で選挙戦で優位に立っていると言われている小池百合子候補も政治資金規正法違反の問題がとりざたされています。





小池陣営の思わぬミスが発覚したことで素直に宇都宮に絞っておけば勝てたかも知れない今回の都知事選挙、しかし共産色の強い宇都宮擁立に難色を示した民進に配慮する形で他の野党も同調して無難なタレントジャーナリストを担ぎ上げたのがすべての元凶、都政にまったく理解がなく展望を示すことのできないタレントでは有権者に見抜かれて支持を失う形になりました。野党連合の弊害とも言えるでしょう。


自民党都議連による前都知事の舛添擁立の不手際を攻め立てる格好の材料がありながら急進的に物事を進めるあまり、自ら墓穴を掘る形になった野党連合。こんな体たらくでは安倍政権を貶めることなどできそうもありません。



(スポンサードリンク)



posted by yuuponshow at 23:00| Comment(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート