2018年05月22日

橋下徹の参入で争点がぼやけてきた大量懲戒請求問題について

ここ最近ネットを賑わせている弁護士への大量懲戒請求について、弁護士からの反撃を喰らい逆に批判に晒されていた1000名の懲戒請求者と煽動した余命ブログやそのシンパでしたが、ここに来て思わぬ救世主が現れました。





橋下徹前大阪市長
が懲戒請求を受けた弁護士に対し、脅迫行為にあたると怒りのツイートをぶちまけたのです。











この橋下ツイートにより青息吐息だった懲戒請求者や余命支持者は息を吹き返し、ささきりょう、北周二両弁護士へ反撃ののろしを上げることとなりました。



またこの動きに呼応するかのように猪野亮・高島章両弁護士が賠償請求に異を唱えており、小坪しんや行橋行橋市市議はこの賠償請求を国民権利の抑圧だとして懲戒請求をかけるようです。















頼もしい援軍の参入により今回懲戒請求した者や余命ブログとそのシンパは大喜びとなり、これによりこの問題の本質である余命ブログによる不当懲戒請求の問題がややぼやけてしまうことになりました。橋下などジャーナリストに対して否定的なツイートをしただけで100万円の損害賠償の提訴するくらいの恫喝者なのになぜ今回の騒動に擁護する形で首を突っ込んだのか理解に苦しみます。









そもそも今回対象となった大量懲戒請求を煽動されるきっかけとなった朝鮮学校無償化に加担しているとされる弁護士ですが、ささき・北両弁護士は一切加担していないことも分かっています。ささき弁護士は余命ブログの著書を発行している青林堂内部のパワハラ問題を担当している弁護士さんであることから余命と青林堂と結託して私怨でデタラメな懲戒請求を煽った可能性が強いでしょう。北弁護士などささき弁護士が受けた大量懲戒請求に対して異を唱えただけなのに逆鱗に触れての同じく大量懲戒請求されてしまったのです。




よって二人に対しては適切な懲戒請求事由ではなく、余命による八つ当たり的な要素が強い不当懲戒請求であると言えます。一人当たり60万円の訴訟と5万円の和解金について適正な金額かは判断できかねますが、身に覚えのない懲戒請求については一市民であろうが煽動されたであろうが反撃するのは当然であると言えます。



訴訟額や和解金についての金額の是非については法廷で争ってもいいでしょうが、悪ノリしている小坪議員など余命の煽動行為を一切無視して、弁護士への敵対心を突き付けるなどまったくもって理解不能です。なぜ間に入って仲介しないのか?煽られた請求者への相談に応じないのか?この小坪の行動に賛同者は拍手喝采のようですが、傍から見れば結局保守と反日左翼の抗争に祭り上げてその抗争の中心にいたかったのではないかと捉えられるほど呆れる行為です。




とは言え弁護士側の対応も不味いものです。ささき弁護士の言われなき懲戒請求には同情しますが、懲戒請求した者をネトウヨ連呼したり、おとしまえとか震えてまてとか恐怖心を煽ったりと冷静さを求められる弁護士の言動としては品がなさすぎますね。













そして上記のツイートで名前が挙がっている神原元弁護士も同じく大量懲戒請求を突き付けられた当事者ですが、これまでの言動や活動・大量懲戒請求後の悪態ぶりなど見ればささき弁護士などよりも懲戒請求を受けるに相応しい人物でしょう。






シバキ隊と精通し、偏った思想と敵対する相手への非道な挑発行為を見てもこの男ほど懲戒請求に相応しい男はいないでしょう。右とか左以前に弁護士としてだけではなく、人間の資質としても問題のある神原相手なら懲戒請求は突きつけられても当然です。しかしどの弁護士に懲戒するにしても相手は法律のプロですから反撃されることを覚悟して臨まなければなりません。




長々と書き綴りましたが、この騒動の元凶は賛同者をさんざん煽って自分は懲戒を出していない余命ブログです。騒動について多くの人間に迷惑をかけたことについて反省もせず、橋下の助太刀もあり再び支持者を煽り立て敵を挑発する行為を見るからに一度痛い目に遭わせないとまた同じことを繰り返すことになるでしょう。




posted by yuuponshow at 18:37| Comment(0) | 余命ブログ懲戒請求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

労働者を殺しにかかる国民を貶める法案を次々可決させる反日売国安倍政権

国会が会期末に近づくにつれいくつかの議案が国会に提出されていますが、本日TPP国会審議議案が自公の与党と維新・希望の賛成多数をもって可決となり衆議院を通過しました。これにより議案は参議院におくられることになりますが、30日ルールをもって仮に否決されても自動的に可決されることになります。



かつて自民党はTPP断固反対を謳って選挙に臨んだはずですが、あっさり撤回されてしまい聖域と言われる五品目も保護措置が取られることはなくなりました。TPPの場合関税よりもISDS条項やラチェット条項など国や企業の損失を被りかねない制度がミックスされており、非常に危険極まりない制度であることに変わりはありません。



国民を裏切り欺きながらTPPを可決に導いた安倍政権ですが、TPPだけではなく非常に危険な議案も今国会で審議され可決されようとしているのです。


ふざけるな安倍政権.PNG





高度プロフェッショナルを含んだ働き方改革関連法案が今国会に提出され、早ければ5月23日にも衆議院を通過しそうです。この高度プロフェッショナル制度(以下:高プロ)について細かい説明は割愛しますが、要は仕事の報酬を時間でなく成果で決めるというもので、条件が1075万円以上とか職種を限定して制定されるようです。これに先立って可決された裁量労働制法案と混同しそうですが、裁量労働制は就業時間を規制するものであり、高プロはそれを上回る労働者酷使制度であり残業時間が100時間でも200時間でも関係なく労働を強いられることになるのです。



高プロの問題点は先述したように1075万円以上とされる年収制限が400万円など段階的に引き下げられる可能性があるのです。この高プロ導入の経緯は経団連など財界の要望によるもので、経団連は400万円以上を主張していたそうですからそうなると殆どのサラリーマンが適用対象となります。さすがにそれだと反発が大きいからと1075万円という下限金額を設定していますが、こんなもんなし崩し的に引き下げられることは容易に想定できます。それと専門職と言うように職業を限定していますが、これもいずれ広くの職種にと緩和されていくでしょう。



現行の裁量労働制が敷かれている現在において、適用されていた野村不動産やテレビ朝日の社員が過労死しているという報道を見てわかるように過労死に導く悪法です。その悪法の更に上を行く高プロ制度は労働者を更に過酷な環境に追いやられることとなるでしょう。







審議も尽くさずむりやり法案を通そうとする安倍政権は、経団連の要望により高プロの導入しようとしていますが、野党から問い詰められた加藤厚労大臣は10数名からヒアリングをして必要性があると述べていますが、そのヒアリングした人間こそ経団連のお偉いさんでしょうね。まことに正直です。




加藤大臣と野党議員との主なやり取りを見ても、対応が非常に不誠実であり不明瞭、これは導入されたらえらいことになりそうです。


高プロのやり取り.PNG




このように問題ありの高プロを来週強行採決しようとしているのですから恐ろしいことです。そんなこと知ってか知らずか安倍政権の推し進める法案は正しい法案だとネットサポーターズが声高々に拡散しています。








自民党サポーターズのひがくぼきみおは先述したように制度の中身がなし崩しされる可能性が高いのにさも健全な制度のように姑息に印象操作をしています。この主張に否定するアカウントから質問が投げかけられていますが、当人は答えることなく沈黙したままです。












こいつに限らずネットサポーターズは高プロを推進する主張を自ら拡散したり、否定論者に攻撃リプしたりを繰り返しています。









働き方改革だけではなく安倍政権になってから種子法や種苗法などの売国制度が目白押しの状況ではいい加減に安倍降ろしを行わなければこの国は諸外国への切り売りバーゲンセールと化してしまいます。安倍政権もそうですが、経団連など安倍政権の恩恵に預かる財界共を駆逐していかなけば日本にとって禍根を残す恐るべき事態となります。野党がだらしないから消去法で自民党にと考えている皆さん、このまま放置していいんでしょうか?この売国政策を止めるためには安倍政権へのお灸を据えなければこの先大変なことになるのですよ!!
posted by yuuponshow at 22:26| Comment(0) | 裁量労働制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

辞めない麻生、責任を取らせない安倍政権はいずれ世間の反感を買うことになる

老害麻生太郎と酷評されるほど、ここ最近の麻生の舌禍は自民党内からも苦言を差されるなど度が過ぎるというレベルを超越した老害ぶりを発揮しています。









明らかに誰でもわかるふてくされながらの誠意を感じない謝罪の直後に野党質疑者へヤジで審議を中断させるなど言動・振舞いはもはや副総裁&財務大臣という重職を担う資格はありません。麻生もこれまで野党・マスコミから相当叩かれたことで相当鬱積が溜まっていたことも無法な振る舞いに拍車がかかったのでしょうが、それにしてもあまりに酷い醜態を晒してくれました。




麻生 自分から喋りたい.PNG




セクハラ次官の擁護と被害者への中傷もそうですが、公文書改ざんはどこもやってると平気で述べるなど公職にある者としてあるまじき発言をしたこと、これだけで即刻罷免されるレベルの大失態もんです。そんな麻生太郎に追い打ちとも言えるスキャンダルが報じられるなど麻生包囲網が着実に敷かれることとなりました。










しかし、こうした包囲網もどこ吹く風、いまだに大臣として居座っていられるとはどういうことでしょうか?本来であれば辞職して当然なのですが本人は辞める気はなし、安倍総理も辞めさせる気はありません。




その安倍総理もまた新たな嘘が明らかになるなど膿を出すと言いながら安倍政権そのものが膿であると言わざるを得ません。














麻生も安倍もそれ程深刻とは考えていないのでしょう。安倍総理自身が膿を出しきると言いながら説明責任を果たさず責任も取らない、思考力がマヒしているからこそ麻生のような傍若無人な振舞いができるのでしょう。




そして政権政党支持率が思ったように下がらないことも深刻です。非支持率が上回っているとは言えいまだに政権支持率が30%超えというのはまだ危険水域とは言えません。支持率調査の信ぴょう性を指摘する声もありますが、どこの世論調査も似たような数字からして国民の三割以上は支持していると見ていいでしょう。野党の体たらくとマスコミの突っ込みの甘さなどもありますし、自民党主導で行っているネットサポーターズによるネットの動画配信やSNSを活用した対抗勢力やの工作攻撃活動も功を奏していると言えるでしょう。




かつて一次政権で失態を晒した安倍政権ですが、これを糧に長期政権を構築するための組織強化に着手した手腕においては素直に認めざるを得ません。のらりくらりと頓珍漢なことを答弁する安倍ちゃんですが、日々ネット活動に明け暮れる自民党ネットサポーターズや国政に無関心な国民に守られる安倍政権の地盤は思った以上に強固であると言えるでしょう。




反安倍側とすれば正直どう仕留めれば良いのか悩ましいところですがあまり悲観することもありません。長期政権を築いているとはいえ、ここ最近これまでにない程安倍政権の醜態が晒されていますし、これが永劫続くとは考えられません。説明しない責任を果たさないのであればとことん世論を誘導し追い詰めるだけです。









先述したように自民党の支持率はたかだか30%台です。それより増して脅威なのがどこの政党も支持しない無党派層の比率は高いことからも分かるように無党派を取り込むことで安倍政権は一気に窮地に陥るでしょう。今野党叩きに躍起の自民党ネットサポーターズですが、それだけ危機感を募らせているのです。だがこんな体たらくな政権政党を見せつけられては無党派層が自民になびくこともありません。ここで一気呵成に追い詰めることが肝心なのです!!!



posted by yuuponshow at 22:05| Comment(0) | 麻生太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ツイート